鶴見区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

2月から開所する馬場地域ケアプラザの所長を務める 芳賀(はが)一巳(かずみ)さん 磯子区在住

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena

地域に寄り添う相談役

 ○…馬場周辺の住民にとって長年の念願だったケアプラザが、いよいよ2月からオープンする。「住みやすく暮らしやすいふるさとを、地域住民は望んでいる。相談に乗りながら、利用者のやりたいことを支援していきたい」。所長として福祉の向上に努める。鶴見への赴任は初めて。「赤門祭りや寺尾城址など、歴史と文化の香りを地域から感じる」と、馬場での職務を心待ちにしている。

 ○…山梨県生まれ。都会への憧れを抱き、大学進学を機に上京した。「当時はお金がなかったから」。叔父の誘いで日本鋼管へ就職し、学費と生活費を稼ぎながら学業も両立させた苦労人だ。卒業後、「市民のために働きたい」との思いから横浜市に就職。下水道や区画整備などハード面の充実に尽力した。定年後は「現役時代叶わなかった、人と接するソフト面の仕事をしたい」と決意し、キャリアの集大成として福祉の道を選択。特養老人ホームの施設長を務めた後、旭区の笹野台ケアプラザの立ち上げに関わり、所長として地域の要望に耳を傾けてきた。

 ○…毎週日曜日には、近隣住民や妻とテニスを楽しむといった若々しい一面も。「何歳になってもできるのがいい。ラケット一本で手軽」と魅力を語りながら自然と顔をほころばせる。「かれこれ20年続けている。コート取りは大変だけどね」。柔和な語り口から温厚な性格が滲み出る。

 ○…馬場周辺の課題を、早くも肌で感じている。「山坂が多く移動が難しい。買い物難民のお年寄りもいると聞く」。かつて旭区のケアプラザで実施していた送迎ボランティア事業の開始も視野に入れている。鶴見区の健康寿命は市内最低クラス。高齢化も進行している。「家に閉じこもるのではなく、一歩外に踏み出すことで衰えを防止できる。体操教室や歌声喫茶など、健康志向の事業に力を入れたい」。いきいきと暮らせるまちづくりを目ざし、住民に寄り添う。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月14日号

九鬼(くき) 理宏(みちひろ)さん

キリンビール(株)横浜工場の工場長として活躍する

九鬼(くき) 理宏(みちひろ)さん

生麦在勤 57歳

1月7日号

田中 光哉(みつや)さん

東京パラリンピックに出場するパラテコンドー選手

田中 光哉(みつや)さん

向井町在住 28歳

1月1日号

丸山 朋子さん

鶴見のセラピスト3人によるイベント「つるみ癒しいち」をまとめる

丸山 朋子さん

寺谷在住 50歳

11月26日号

吉田 千賀子さん

豊岡地区老人会連合会の文化祭を主体となり運営してきた

吉田 千賀子さん

豊岡町在住 78歳

11月19日号

池田 進さん

横浜市交通安全功労者表彰を受けた池田内燃機工業(株)の代表取締役社長

池田 進さん

寺谷在住 56歳

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク