鶴見区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

体験で仕事学ぶ 寛政中生徒が職場学習

教育

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena
まんじゅうに餡をつめる生徒
まんじゅうに餡をつめる生徒

 市立寛政中学校(加藤裕之校長・生徒数217人)の2年生64人が先ごろ、区内周辺の企業や店舗で職場体験学習を行った。

 同校では、キャリア教育の一環として、職業観・勤労観の育成を目的に、1年から職業について学習。2年次には、事前に生徒たちが仕事について調査した上、実際の職場体験を実施している。

 区内の老舗和菓子店「清月」=鶴見中央=では、1月21日と22日の二日間、矢田英由佳さんと灰谷有紗さんが菓子作りなどに挑戦。製造から包装、販売までの流れを体験した。

 矢田さんは「まんじゅうに餡を包むのが難しかった。空気が入ったり、きれいに丸くならない」と悪戦苦闘。普段から和菓子を良く食べるという灰谷さんは「苦労して作っていることがわかり、ますます好きになった」と笑顔を見せた。

 また、二人は、ほとんどが手作業ということや、立ち仕事であることなどを知り、「働くことの大変さがわかった」と話した。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter