鶴見区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

育児の疑問ママ友と解消 馬場で母親座談会

教育

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena
救急対処法を消防員から学ぶ参加者
救急対処法を消防員から学ぶ参加者

 「2人目、3人目の子どもを生む時期はいつ」「乳がんや子宮がんの検診は受けるべきか」など、子育て中の母親たちが、日頃気になっている話題について語り合う「ママtalk」が、馬場にある親と子のつどいの広場「キッチュ」で開かれている。

 キッチュは、2012年4月にオープン。子どもを遊ばせるスペースの提供や親子で楽しめるイベントを実施している。運営する子育て支援団体「リノアス」もまた、子を持つ母親たちから結成されている。

 「ママtalk」は14年10月から月1回開催し、座談会形式で毎回1つのテーマを決めて参加者が語り合う。テーマは利用者たちの日頃の会話の中からヒントを得て決定する。

 企画のねらいは母親たちの孤立を防ぐことだ。キッチュの利用者の中でも、結婚を機に鶴見に住み始めるなどしてもともと地元出身ではない母親は、周囲と打ち解けるのに時間がかかる人もいるという。「周りと会話し友達ができるきっかけになれば」とリノアス代表の宮城亜紀さんは話す。

 1月22日に行われた「ママtalk」は、「こどもの救急対処法」がテーマ。鶴見消防署員が招かれ、誤飲・誤嚥時の対応法などを指導。参加者が経験談などから質問し合う場面もあった。参加した母親は、「疑問や不安が解消できて良かった」と感想を話していた。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter