鶴見区版 掲載号:2015年2月19日号 エリアトップへ

横浜市 政令市初、「国際局」新設へ 医療部門も再編

社会

掲載号:2015年2月19日号

  • LINE
  • hatena

重要施策実現目的に

 横浜市は4月1日、国際施策を統括し、積極的な自治体外交を行う、政令市初の国際局を新設する。また、医療部門を再編成する形で医療局と医療局病院経営本部も設置する。

 いずれも2014年〜17年の「中期4か年計画」で位置づけている重点政策を着実に推進するための措置。

 横浜市が局再編を実施するのは、2011年度以来4年度振り。「中期4か年計画」で掲げる重要施策を効果的に実現するには、新局設置、再編が必要との判断によるものだ。

競争力強化めざす

 世界の多くの都市が経済のグローバル化に伴い、公害などによる地球温暖化、女性の社会進出、防災といった共通の都市課題を抱えている現状がある。市ではその認識の下、開港以来海外諸都市と交流を持ってきた歴史的背景、さらにそうした課題を乗り越えてきたノウハウの伝達をしたい思いがある。

 加えてグローバルに活躍できる人材育成、市内在住外国人の増加・定住化を踏まえ、多文化共生の地域づくりを進めていく必要性も感じていたことから、現行の政策局内にある国際政策室と国際技術協力課を統合させる形で国際局を新設する。40人程度の人員を配置する予定だ。 

 具体的には海外諸都市との連携を深めながら市の国際競争力を高めていく自治体外交の推進、フランクフルト・上海・ムンバイにある市の海外拠点を活用した市内企業のビジネス支援などを進めていく方針。このほか、教育委員会事務局と連携し、市内在住・在学の高校生の留学支援をすることで世界を舞台に活躍できる人材育成の後押しをする新事業も行う。

高齢化などに対応

 一方、医療部門の再編成については、現在の健康福祉局内、医療政策室と病院経営局を、医療局と医療局病院経営本部としてスタートさせる。

 高齢化が進む中、住み慣れた家庭や地域での療養を望む高齢者の増加が見込まれる現状があり、日本人の死因の一位であるがんや、近年大きな課題となってきている精神疾患などへの対応、市立3病院の経営、市民病院再整備など、市の医療政策を一体的に行うための再編成だ。

 医療局にも40人程度の人員を配置する予定。がん撲滅対策推進条例に基づく対策、在宅医療を担う、かかりつけ医を増やす取り組みなど、市民の健康維持に直結する施策を進めていく。

 市では「中期4か年計画を推進するための局再編。市民から見た分かりやすさも重視した」としている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

三ツ池フェス中止に

三ツ池フェス中止に 社会

実行委 コロナ受け苦渋の決断

4月9日号

横浜「丼」王へ55品

横浜「丼」王へ55品 社会

商店街「ガチ」 区内うまかべん参戦

4月9日号

未来へ手紙 希望に

未来へ手紙 希望に 社会

ベルロードがポスト

4月9日号

市民施設休館5月6日に延長

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク