鶴見区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

母子家庭の家探し支援 加瀬倉庫がシェアハウス

社会

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena
共有のキッチン
共有のキッチン

 不動産賃貸などを手掛ける(株)加瀬倉庫(瓜生佳久代表取締役)=港北区=が、鶴見区内でシングルマザー専用共同住宅(シェアハウス)「アルソーレ鶴見」を運営している。入居審査を断られるなど、家探しに苦慮する母子を可能な限り受け入れ、安心して子育てができる環境づくりを目ざしている。

背景に入居審査の壁

 市内の母子世帯は約2万4300世帯(2012年市推計)。うち母が非正規で働く世帯は5割を超え、約4割が総収入約300万円未満で生計を立てている。母子家庭はこうした経済的な面から入居審査を断られるケースがあるという。

 そんな母親たちを支援しようと、母子家庭専用共同住宅事業はスタート。もともと同社はシェアハウス事業を行っていたが、よりターゲットを絞った物件を検討する中で、社員の声からアイデアが生まれた。

 発案した渡邊升太さんは、前職の不動産仲介の仕事の中で、住む家を見つけられないシングルマザーを多く見て来た。「収入の面などから、入居審査がハードルとなる母親たちは少なくない。どうにかしてあげたかった」と語る。

「暮らしやすい環境」

 区内には、京急鶴見駅から徒歩圏内にあり、6世帯(2月20日現在)が入居。20代から30代の母親が、我が子とともに暮らす。

 建物内には、8つの個室のほか、共有のダイニングキッチンがあり、入居する親子皆で夕食をとることもあるという。母親らは、「ありがたい環境」「子ども同士がきょうだいのようになれる」と、暮らしやすさを感じている。今後は入居者の住みやすさを考慮し、さらに世帯数を減らした物件を企画していくという。「シングルマザーとその子どもたちの力になっていきたい」と渡邊さんは話している。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク