鶴見区版 掲載号:2015年3月5日号 エリアトップへ

NPO法人かながわ311ネットワークの理事として、被災地支援に尽力している 谷本 恵子さん 北寺尾在住 55歳

掲載号:2015年3月5日号

  • LINE
  • hatena

被災地と県民の繋ぎ手に

 ○…ボランティアバスの派遣や被災地の食を広める「復興キッチン」の運営など、今なお支援に力を入れる「NPO法人かながわ311ネットワーク」。県のボランティアネットワーク事業から派生した同団体の理事を務める。「いざという時手助けできるよう、のんびりしていられない」。30年以内に7割の確率で起こるといわれている首都直下地震に備え、「自分にもできることを」と奔走する。

 ○…3・11では家族も被災した。茨城県の母の実家は床上まで浸水。漁師のおじは海上で辛くも津波から逃れたということもあり、いてもたってもいられなくなった。「何かできないか」。テレビでボランティアバスの存在を知り、2011年7月にはじめて宮城県石巻市を訪れた。「テレビで分かっていたつもりだったけど…」。津波に全てを奪われた沿岸部を見て衝撃を受けた。印象に残っているのが、側溝の泥だしンボランティア。「担当した地域が大雨でも冠水しなかった。役に立てたんだと実感した」。被災地ではボランティアリーダーとして現地での様々な調整を担当。事業期間の2年が経つと、現地とのつながりもすっかり深くなっていた。「2年じゃ足りない。続けよう」と、同団体の理事に就任した。

 ○…アクティブに駆け回る一方、休日は本の世界に浸る。なかでも村上春樹の『ノルウェイの森』は何度も読んだお気に入りの一冊。「読みだすと止まらなくて。独特の世界感で入り込めておもしろい」と魅力を熱弁。「小さい頃から読書が好き。一気に読んじゃうタイプ」と明るく笑う。

 ○…「震災直後、被災地近くのパーキングエリアはボランティアバスでいっぱいだったが、今は全然いない」。あれから4年、記憶の風化を実感している。「自分ひとりでは何もできないかもしれない。けれどもバス一台、35人なら力になれるかもしれない」。前向きに力強く、神奈川と被災地をつなぐ架け橋となる。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月22日号

津久井 茂充さん

手作り仏塔模型の展示を馬場地域ケアプラザで行った

津久井 茂充さん

馬場在住 78歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

鈴木 雅己さん

鶴見警察署長に就任した

鈴木 雅己さん

鶴見中央在勤 57歳

4月1日号

野末 浩之さん

第1回うしおだ食料支援&なんでも相談会実行委員会の委員長を務める

野末 浩之さん

本町通在勤 59歳

3月25日号

村松 緑さん

近隣の学校で絵画や染め物などを子どもたちに教える

村松 緑さん

朝日町在住 

3月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter