鶴見区版 掲載号:2015年3月5日号 エリアトップへ

NPO法人かながわ311ネットワークの理事として、被災地支援に尽力している 谷本 恵子さん 北寺尾在住 55歳

掲載号:2015年3月5日号

  • LINE
  • hatena

被災地と県民の繋ぎ手に

 ○…ボランティアバスの派遣や被災地の食を広める「復興キッチン」の運営など、今なお支援に力を入れる「NPO法人かながわ311ネットワーク」。県のボランティアネットワーク事業から派生した同団体の理事を務める。「いざという時手助けできるよう、のんびりしていられない」。30年以内に7割の確率で起こるといわれている首都直下地震に備え、「自分にもできることを」と奔走する。

 ○…3・11では家族も被災した。茨城県の母の実家は床上まで浸水。漁師のおじは海上で辛くも津波から逃れたということもあり、いてもたってもいられなくなった。「何かできないか」。テレビでボランティアバスの存在を知り、2011年7月にはじめて宮城県石巻市を訪れた。「テレビで分かっていたつもりだったけど…」。津波に全てを奪われた沿岸部を見て衝撃を受けた。印象に残っているのが、側溝の泥だしンボランティア。「担当した地域が大雨でも冠水しなかった。役に立てたんだと実感した」。被災地ではボランティアリーダーとして現地での様々な調整を担当。事業期間の2年が経つと、現地とのつながりもすっかり深くなっていた。「2年じゃ足りない。続けよう」と、同団体の理事に就任した。

 ○…アクティブに駆け回る一方、休日は本の世界に浸る。なかでも村上春樹の『ノルウェイの森』は何度も読んだお気に入りの一冊。「読みだすと止まらなくて。独特の世界感で入り込めておもしろい」と魅力を熱弁。「小さい頃から読書が好き。一気に読んじゃうタイプ」と明るく笑う。

 ○…「震災直後、被災地近くのパーキングエリアはボランティアバスでいっぱいだったが、今は全然いない」。あれから4年、記憶の風化を実感している。「自分ひとりでは何もできないかもしれない。けれどもバス一台、35人なら力になれるかもしれない」。前向きに力強く、神奈川と被災地をつなぐ架け橋となる。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 75歳

8月22日号

石井 勉さん

馬場っ子サポーターズ代表として、親子や教師の交流の場を作る

石井 勉さん

上の宮在住 46歳

8月15日号

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

神奈川区 鶴屋町在勤 69歳

8月8日号

加藤 りさ子さん

MOS世界学生大会・日本代表選考の高校生エクセル部門で3位に入賞した

加藤 りさ子さん

東寺尾在住 17歳

8月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歯とお口の話

    街の歯医者さんが教える

    歯とお口の話

    Vol.【12】「学校歯科医とかかりつけ医の役割」

    6月27日号

  • 歯とお口の話

    街の歯医者さんが教える

    歯とお口の話

    Vol.【11】「学校歯科医の使命」

    5月30日号

  • 歯とお口の話

    街の歯医者さんが教える

    歯とお口の話

    Vol.【10】「妊婦歯科健診のおすすめ」

    4月25日号

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク