鶴見区版 掲載号:2015年3月19日号 エリアトップへ

鶴高生ら、被災者と交流 体験聞く研修会

教育

掲載号:2015年3月19日号

  • LINE
  • hatena
防災カレンダー作りで意見交換する生徒
防災カレンダー作りで意見交換する生徒

 東日本大震災で被災した石巻西高校=宮城県=の生徒と県内高校生、地域住民が集う防災研修が3月14日、鶴見高校で開催された。

 この研修は、将来の防災リーダーとなる若者の育成と、その若者たちと地域の結びつきを育くもうと、NPO法人神奈川災害ボランティアネットワークが企画したもの。当日は高校生と住民ら合わせて約100人が来場。区内からは鶴見高校生15人と、下末吉小学校、末吉中学校を地域防災拠点とする住民も参加した。

命と向き合う防災教育を

 研修では石巻西高の齋藤幸男校長による講演が行われた。同校は津波により在校生9人と入学予定者2人を亡くし、体育館が遺体安置所となるなど死が隣り合わせの環境にあった。「大人の経験が必ずしも役に立つとは限らない」。齋藤校長は押し寄せる津波に「まさかね」ともらした大人をピックアップ。「いざという時、本能的に命を守ろうと動ける子どもを防災活動に入れて」と地域住民に呼びかけるとともに、「防災教育を命と向き合う教育のきっかけとして」と訴えかけていた。

 講演終了後、参加者は石巻西高生の体験談に耳を傾けながら、避難時の必需品などをまとめた防災カレンダーを作成していた。

 同ネットの市原信行理事は「若者と地域の間で顔が見える関係づくりの橋渡しができれば」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク