鶴見区版 掲載号:2015年3月19日号 エリアトップへ

意見広告 県政・市政タッグで市民の切実な要望実現へ 日本共産党横浜市会議員 古谷 やすひこ県政対策責任者 木佐木 ただまさ

掲載号:2015年3月19日号

  • LINE
  • hatena

税金の無駄遣い許さず

 「政治とカネ」がまた問題になっています。そもそも国が補助金を出している企業から献金をもらうということは、皆さんが支払った税金が政治家の懐に入ったということです。知らなかったでは済まされません。私たちは、こういう問題を根絶するため、企業団体献金禁止を求め実践もしています。一円たりとも税金の無駄遣いは許さないという点では、県政でも市政でも同じです。日本共産党横浜市議団では、公費である政務活動費の使途について、自主的に一円単位の領収書を全て公開しています。

いまの県政・市政は「国の下請」!?

 国では国民生活を苦しめるような施策が次々と打ち出されています。本来なら、県や市は、地方自治体として、住民に寄りそい福祉向上に寄与するように税金を使っていくのがスジです。しかし今は国の下請け機関のように施策をうち、「国がカジノ検討に向けば、すぐに検討費計上」「公共事業推進となれば、横浜港の大改造計画や高速道路の建設」など、他を差し置いて税金を投入してしまう。国の方針通りの県政市政の運営を行うのなら、県も市も独自に地方自治体として存在する意味がなくなります。

力を合わせれば住民生活も向上

 県も市もどちらも非常に大きな財政を有しています。それを活用し、例えば小児医療費の無料化でいうと、県が県全体のベースを引き上げ、その上に横浜市が独自に財政を投入すれば、さらに無料になる対象年齢が拡充します。どんな施策でも、同じように県と市が連携し、市民生活向上のために税金を使っていくようにすれば、一体となって市民生活はより豊かになっていきます。しかし残念ながら、県議会は、国の言いなりの県知事に対してオール与党体制、横浜市政も、私たち日本共産党以外の会派は、市長のイエスマンとなってしまっています。そこを変えなければ何も変わりません。木佐木ただまさ(県政)と古谷やすひこ(市政)は、県でも市でも力を合わせて、鶴見区民の生活を守るためにスジを通して頑張ります。

古谷やすひこ/木佐木ただまさ

横浜市鶴見区矢向1-20-50/潮田町2-120-2

TEL:045-504-5121

http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/ http://kisaki.jcpweb.jp/_07

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

危機を乗り越え、羽ばたこう!

この春、卒業した子どもたちへ 市政報告みちよレポ【2】

危機を乗り越え、羽ばたこう!

横浜市会議員(自民党) 東みちよ

3月26日号

カジノよりも新型コロナウイルス対策を

市政報告

カジノよりも新型コロナウイルス対策を

日本共産党 横浜市会議員団 副団長 古谷やすひこ

3月19日号

オレンジパートナーネットワークが誕生

県政報告ひでしの「実績で勝負」㊽

オレンジパートナーネットワークが誕生

公明党 鈴木 ひでし

3月12日号

市民意見募集パブリックコメント実施

横浜市がIRカジノ事業構想案を発表 市政報告

市民意見募集パブリックコメント実施

日本共産党横浜市会議員 古谷やすひこ

3月12日号

いよいよ中学校給食の実施へ

市政報告

いよいよ中学校給食の実施へ

日本共産党 横浜市会議員団 副団長 古谷やすひこ

3月5日号

県障がい者スポーツ協会設立発起人会が開催

県政報告ひでしの「実績で勝負」㊼

県障がい者スポーツ協会設立発起人会が開催

公明党 鈴木 ひでし

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク