鶴見区版 掲載号:2015年3月19日号 エリアトップへ

かとう正法(まさのり)地元議員レポ 46

掲載号:2015年3月19日号

  • LINE
  • hatena

■市【地域】優先。無党派!

 私は、政党の権力争いに左右されず、利権のしがらみなし。各案件ごとに党派をこえた連携を志向!幼少から愛着、出身の地元鶴見区で活動。【かとう正法】か【かとまさ】で検索!ネットや配布チラシもぜひご一読ください。市【地域】優先!私の考えをご家族や知人へお伝え・広め、議会へのご意見を頂けたら嬉しいです。いつでもお声かけを。どうかお願いします!政務での私見・自論から要点を抜粋。

■政治・行政が招いた結果

 過去長年、景気の低迷→税収減やムダづかいで財政悪化→福祉等、生命や生活に直結する分野も予算減→増税と借金増→公金【税金と借金】使い方の抜本改革なし→市民に厳しい政治。

■私の【やる事・決め方】

 私の政務信条は、子ども〜老若男女、市民に優しい政治で地域づくり。優先順、【1】【まずは安心】福祉・医療、介護・防災等、生命を守る制度を完備【2】【次に活力】景気・雇用・年金・教育・子育て等、生活向上策を拡充。【3】【将来の希望】財政再建・地球環境問題等、未来創りに注力。各施策を優先順位3分類。この分類以外は不要不急か公の責務外と判断。縮小・廃止・休止・民間移譲で公費節減。私は各政策を常にこの私見で精査。

■財源の創り方、私の手法

 政策予算の源は主に税金と借金。経済は国外要因でも左右され易く、税収増は困難。増税も借金も論外!公費で運営される全ての組織や制度で、大幅に節約し、財源を創るしかない、私の結論。象徴事例は左記。

■矢向出身、私の改革視点

 電車で2駅、たった8分、鶴見・川崎・蒲田。矢向出身の私にとって少年期から自転車での移動圏内。この狭いエリアで、大きな8つの役所と5つの議会が関与。一級河川や国道もあり国も関与。多数の公組織や制度を簡素化、重複行政も是正。公費節約分は多額の新財源。最大人口の本県と政令横浜市はまさに象徴。地域優先で、私は【市政】に着眼!

かとう正法 【加藤まさのり】 神奈川県議会議員【横浜鶴見区】

横浜市鶴見区諏訪坂14-11

FAX:045-585-5556

http://www.katomasa.jp/ mail:info@katomasa.jp

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

危機を乗り越え、羽ばたこう!

この春、卒業した子どもたちへ 市政報告みちよレポ【2】

危機を乗り越え、羽ばたこう!

横浜市会議員(自民党) 東みちよ

3月26日号

カジノよりも新型コロナウイルス対策を

市政報告

カジノよりも新型コロナウイルス対策を

日本共産党 横浜市会議員団 副団長 古谷やすひこ

3月19日号

オレンジパートナーネットワークが誕生

県政報告ひでしの「実績で勝負」㊽

オレンジパートナーネットワークが誕生

公明党 鈴木 ひでし

3月12日号

市民意見募集パブリックコメント実施

横浜市がIRカジノ事業構想案を発表 市政報告

市民意見募集パブリックコメント実施

日本共産党横浜市会議員 古谷やすひこ

3月12日号

いよいよ中学校給食の実施へ

市政報告

いよいよ中学校給食の実施へ

日本共産党 横浜市会議員団 副団長 古谷やすひこ

3月5日号

県障がい者スポーツ協会設立発起人会が開催

県政報告ひでしの「実績で勝負」㊼

県障がい者スポーツ協会設立発起人会が開催

公明党 鈴木 ひでし

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク