鶴見区版 掲載号:2015年4月9日号 エリアトップへ

区全域の子育て地図完成 ママ40人、4地区版一つに

社会

掲載号:2015年4月9日号

  • LINE
  • hatena
全域版作りに参加したメンバー
全域版作りに参加したメンバー

 地域の主婦たちが企画し、子育て情報などを盛り込んだ地図「つるみままっぷ」の全域版がこのほど完成した。

母目線で楽しみながら

 「ままっぷ」は、子育て中の母親目線で作る地図として2009年に北寺尾在住の主婦・今井幸子さんが発案。これまでに「てらお」「にし」「きた」「みなみ」の4地区で発行されてきた。

 全域版は、各地区のマップ制作メンバーを中心とした40人が参加し、4枚を1枚にまとめあげた。

 第1弾は8人からのスタートだったが、活動に賛同する母親たちの輪はこの6年で拡大。「マップ制作は、ママ友との貴重な情報交換の時間であり楽しみ」と今井さんは話す。

記号でわかりやすく

 全域版は4地区のマップを統合しただけでなく、記号表示をさらに増やすなど改訂した部分もある。外国につながりのある人にも好評だと聞き、文章説明を減らしマークで表記した。

 制作費は横浜YMCAや区の助成を利用したほか、東宝タクシー(株)が協賛。今後も同社の協力のもと、地域の企業から協賛を集め、改訂版を制作する予定だ。「ママ主体ではあるが、区や企業の支援を受け、地域一丸になってやってきた。今後も皆で鶴見を良くしていこうという気持ちを大切にしたい」と今井さんは話している。マップは1万2千部発行。区役所やケアプラザ、地区センター、コミュニティハウスに設置。育児教室などでも配布する。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見川一斉清掃に100人

鶴見川一斉清掃に100人 社会

桜緑化委員会ら有志集う

12月2日号

福祉用具無料で体験

「防センジャー」から出題

市民防災センター

「防センジャー」から出題 社会

6問答えて商品ゲット

12月2日号

3代目「まもり」就役

横浜市消防艇

3代目「まもり」就役 社会

最新鋭の設備搭載

12月2日号

パンフ掲載店を募集

#うちメシ応援プロジェクト

パンフ掲載店を募集 文化

9日まで

12月2日号

食事券が販売再開

Go To Eat

食事券が販売再開 経済

コンビニやLINEで

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook