鶴見区版 掲載号:2015年4月16日号 エリアトップへ

ココファン横浜鶴見でコーディネーターとして、地域との交流促進を図る 佐々木 洋希さん 鶴見中央在勤 34歳

掲載号:2015年4月16日号

  • LINE
  • hatena

多世代繋ぐアイデアマン

 ○…この春、鶴見会館跡地にオープンした市内初のよこはま多世代・地域交流型住宅「ココファン横浜鶴見」。その中で、地域と住人をつなぐ交流スペースのコーディネーターを一任された。「主役は僕じゃなくて区民のみなさん。鶴見ならではの交流拠点になるために、地域の声を聞き、らしさを出していきたい」。新天地での住民とのふれあいを、心待ちにしている。

 ○…生まれは岩手県盛岡市。学生時代から子どもの夢を叶える県の事業に協力するなど、アクティブに活動することが好きだった。「やりたいことで生活していくには、小中学校の教育が大事」と思い立ち、27歳で学研の塾教室を開業。軌道に乗ってきたところで本社勤務の誘いを受けた。異動後は学童運営の傍ら、老若男女で構成されるフットサルチームを設立。世代を越えて汗を流す楽しさを知った。「多世代交流の面白さを意識したのはここかな」。得意分野での勤務に、胸躍らせる。

 ○…1歳の娘と妻の3人暮らし。土日は「家事が好き」というよき夫に転身する。「白菜と鶏手羽の煮込みは簡単にできておすすめ。楽しくて趣味になってる」とにこやかに語る。小中高と続けたサッカーは今でも大好き。学生時代、ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在した際は「シドニー五輪があったから、働かずに日本代表を追いかけていた。ケンタッキーで中田英寿選手に会ったよ」といたずらっぽく笑う。

 ○…「鶴見会館の思い出を語る人がたくさんいた。ああいう風に語ってもらえる場所を目ざしたい」。かつての集いの場を惜しむ声から、交流拠点としての責任の重さを自覚している。鶴見小学校の近くという立地を活かし、思い描く理想がある。「例えば高齢者が子どもに勉強を教え、子どもが高齢者にゲームを教える。お互いがお互いを支え合う場になれば」。活力あふれるアイデアマンが、潤滑油として機能する。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

高内 左枝子さん

喫茶ラズベリーでこども食堂を開く

高内 左枝子さん

下末吉在住 

12月2日号

渡邊 浩さん

矢向地区連合町内会や社会福祉協議会などの会長を務め、地域のため奔走する

渡邊 浩さん

矢向在住 73歳

11月25日号

大野 慶太さん

様々なアイデアでまちに貢献する東宝タクシー(株)の代表取締役社長

大野 慶太さん

鶴見中央在勤 44歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

古木 嘉夫さん

(一社)神奈川県警親会鶴見支部の相談役であり、現役最年長

古木 嘉夫さん

馬場在住 96歳

11月4日号

慶野 未来さん

珈琲専門店山百合を受け継ぎ、修行を積む

慶野 未来さん

鶴見中央在勤 25歳

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook