鶴見区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

公明党 合意形成、大切に 公明党 尾崎 太さん

政治

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena

――議員としての信念は。

 「1期目を終えて感じたのは、議員としての責任の重さ。物事を決めるにあたり、利害関係が生まれる以上、必ずしもみんながみんな賛成というわけにはいかない。市民感覚で政策をわかりやすく伝え、合意形成を図るプロセスを大切にしてきた」

――今後どのような問題に取り組みたいか。

 「引き続き防災・減災政策や子育て支援、中学校昼食の実現、地域包括ケアシステムの構築に取り組みたい。防災においては1期目に『公助』の限界を感じ、『自助』『共助』の大切さを痛感した。いずれもお金をつければできるというものではないので、バランスを持たせて現実味のある政策を進めていきたい」

――現在の市政をどう評価するか。

 「林市長は民間出身ということもあり、リーズナブルな印象。小学校への防災ヘルメットの支給や小児医療費の無料化を小学3年生までに引き上げるなど、予算を割くべきところには真摯に対応してくれた。財政の健全化といった課題もあるが、引き続き手腕に期待したい」

―区民へのメッセージを。

 「2期目を託され、身の引き締まる思い。『いい鶴見』とは、『子育てするなら、年をとるなら鶴見がいい』というように、『鶴見のまちっていいよね』と区民が感覚的に思える状態を指すと考えている。みなさんが『鶴見にいてよかった』という気持ちを醸成できるよう、区民みんなで前向きなアイデアを出し合い、行政からまちを盛り上げていきたい。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter