鶴見区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

(PR)

寺歴450年光永寺 「終活」、墓など生前相談増加 「命に感謝し、最期選んで」

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena
明るく綺麗な納骨堂
明るく綺麗な納骨堂

 人生の終わりのための活動――「終活」という言葉が叫ばれて久しい昨今。タブー視することの多かった死への考えがオープンになりつつあり、墓地など、自分の「終の棲家」を生前に選ぶ人が増えているという。

 寺歴450年以上を誇り、由緒ある地元の寺として親しまれている曹洞宗潮田山光永寺=鶴見区汐入町=でも、相談者が増加しているといい、「生前に考えることは意味のあること」と話す。

生老病死の考え

 「生老病死」――生きること、老いること、病気にかかること、そして死ぬこと。この世に生を受けた人間が、避けては通れないとされる苦悩をいう仏語だ。

 「この4つは、人にとって平等であるという言葉。その中で、誰もが迎える最期のことを、自分自身で決めておくことは悪いことではない」とする。古く先祖から脈々と続く命の上に、今生きる自分がある。「先祖を敬い、命に対して感謝する。そんな気持ちで『終の棲家』を選んでもいいのではないだろうか」。同寺はそう呼びかける。

納骨堂など3種類

 光永寺には、一般的な墓地、屋内霊園と呼ばれる納骨堂に加え、墓と位牌、形見が一体となった手元用の石位牌という3種類の供養の仕方がある。核家族化が進み、生活環境も多様化していることから、各家庭のニーズに合った形で提供するためだ。

 納骨堂と墓地は、生前の相談、購入者も多く、夫婦や家族で相談に来るケースが増えている。

 相談の際は、「不明瞭なイメージが先行しがちな値段や維持の仕方などはもちろんだが、人が死ぬということ、供養するということの意味なども説明させてもらっている」と語る。相談者の中には、改めて命の大切さに触れ、涙を流す人もいるという。

 当たり前の命はないということ――自らの最期のこと、いざその時が来る前に、地元の寺に相談してみてはいかがだろうか。

 ◇  ◇

 見学・相談随時(無料)。事前予約で送迎可。納骨堂は宗旨・宗派問わず。ペット専用合祀墓、一緒に埋葬可能な納骨壇も新設中。問い合わせは下記まで。
 

販売中の新型墓
販売中の新型墓
長さ約15cm、幅・奥行き約3・5cmの石位牌(記載の名前等はイメージ)
長さ約15cm、幅・奥行き約3・5cmの石位牌(記載の名前等はイメージ)

永縁の光 縁の会 光永寺

横浜市鶴見区汐入町2-43-3

TEL:0120-880-824

http://www.eien-hikari.com/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

ネズミ被害が増加中!?

ネズミ被害が増加中!?

ダスキン東寺尾 無料点検実施中

10月22日号

薬に頼りすぎない健康生活

薬に頼りすぎない健康生活

vol.3「天然由来の成分で健康維持を!」

10月15日号

川崎校を新規開校

私立中学専門啓進塾

川崎校を新規開校

JR川崎駅西口徒歩5分

10月15日号

快適ゴルフ練習場が人気

快適ゴルフ練習場が人気

施設やサービス充実

10月15日号

ネズミ被害が増加中!?

ネズミ被害が増加中!?

ダスキン東寺尾 無料点検実施中

10月8日号

市有地を売却

横浜市

市有地を売却

今年度は郵送での申込

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク