鶴見区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

下末吉在住島田さん おむすび大会で優勝 地元野菜・小松菜活かす

文化

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena
島田さんと「小松菜ごはんのみそ焼きおむすび」
島田さんと「小松菜ごはんのみそ焼きおむすび」

 下末吉在住の島田さくらさん(市立川崎高3年)がこのほど、川崎区が企画した「東海道川崎宿三角おむすびレシピコンテスト」で見事優勝を果たした。

 コンテストは、三角おむすび発祥の地とされている東海道川崎宿の活性化を図るため開催。応募作品117点から書類選考を経て、最終審査に残った3作品で決選投票が行われた。

 「小松菜ごはんのみそ焼きおむすび」で頂点に立った島田さんは「自分が選ばれるとは思っていなかった」と謙虚に喜んでいた。

 三角おむすびの由来は江戸時代に遡るといわれている。徳川吉宗が8代目将軍に就任するため上京し、川崎宿に宿泊した時のこと。おむすびを丸いお盆に3つ並べ、家紋である葵の御紋に見立てた「御紋むすび」が出されたという。

 以来、吉宗縁の地である紀州の大名が川崎宿を通る時はこの三角おむすびでもてなすようになり、普及していったとされている。

将来は栄養士に

 島田さんは現在、同校の生活科学科で調理を学んでいる。コンテストには冬休みの課題として提出。「小松菜が川崎の特産物だと知り入れてみた。それだけじゃ味気なかったので焼きおにぎりにしようと」。塩ゆでした小松菜をご飯とまぜ、みりんとみそを染み込ませてほのかに焼きあげた。「家にある材料の組み合わせで作った」。得意な和食の味付けが光った。

 小学校のころから料理を勉強してきたという島田さん。栄養士を目ざし、都内の専門学校を受験する予定だ。「食育に関わる仕事をしたい」。コンテストを足掛かりに、今後の活躍を誓う。

 レシピは川崎区役所HPで近日公開予定。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter