鶴見区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

4代目「横浜スカーフ親善大使」に選ばれた 筑地 美南さん YFD専門学校2年 19歳

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena

「笑顔にしたい」が原動力

 ○…4代目「横浜スカーフ親善大使」5人の中では最年少。「年上の方に負けないように日々研究中」と意気込み十分だ。「スカーフは首に巻くだけでなく、バッグのワンポイントなどにしてもいい」。通学時のヘアアレンジにも取り入れて、友人たちを驚かせることもあるという。「巻き方も何通りもあって、様々な表情がある。最初は難しそうに見えたけれど、今はすごく楽しい」とすっかりスカーフに魅せられている。

 ○…横浜ファッションデザイン専門学校(YFD)で、花嫁のドレスコーディネーターを目ざし、学んでいる。幼い頃に結婚式で見た衣装が心に残っているのだという。「サプライズで人を喜ばせたい」という性分も夢への動機となった。「誕生日の友達の部屋を内緒で飾り付けてびっくりさせたこともある。驚いた後の皆の笑顔が好きなんだと思う」と楽しそうに笑う。大使への応募のきっかけは、横浜スカーフを使ったドレスを着たこと。「綺麗なドレープや肌触りの良さなど、魅力を自分で伝えたかった。先輩も大使を務めており、その姿にも憧れた」

 ○…体力づくりのために週2回はジムに通う。帰宅後も勉強は毎日欠かさない。さらに将来のために結婚式場でバイトとして働くなど充実した毎日を送る。「バイトは接客の力などが磨ける。新郎新婦の笑顔を見る度に幸せな気持ちになる」と目を輝かせる。買い物は「学生なのでお金がなくてウインドウショッピングになってしまう」が、時折シァル鶴見に立ち寄り雑貨を選ぶのが楽しみ。本好きでもあり、2週間に1冊のペースで読んでいる。

 ○…「スカーフは若い世代にもっと身近になっていいと思う」。同世代が受け入れやすい活用法を勉強し、提案していきたいという。「これからもっとたくさんの知識をつけて、イベントなどを通じスカーフの良さを伝えていきたい」。任期は1年。若き大使の挑戦はまだ始まったばかりだ。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

坂本 浩二さん

横溝屋敷の稲作ボランティアで一番歴の長い最年少者

坂本 浩二さん

平安町在住 44歳

10月22日号

紙谷 由起子さん

障がい者などに幅広くヨガを広める

紙谷 由起子さん

豊岡町在住 44歳

10月15日号

山本 龍行さん

鶴見火災予防協会の会長として、区内の防火・防災に尽力する

山本 龍行さん

下野谷町在住 70歳

10月8日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月1日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

港北区在住 72歳

9月17日号

小林 貞幸さん

鶴見国際交流ラウンジの館長に就任した

小林 貞幸さん

鶴見中央在勤 68歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク