鶴見区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

区内在学筑地さん 横浜スカーフ大使に 80人超から選出

文化

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena
大使の筑地さん(左端)ら(石川さんは欠席)
大使の筑地さん(左端)ら(石川さんは欠席)

 「横浜スカーフ」の魅力を市内外に発信する「横浜スカーフ親善大使」5人がこのほど決定し、区内からは鶴見中央にある横浜ファッションデザイン専門学校(YFD)に通う筑地美南さん(19)=人物風土記で紹介=が選ばれた。

 大使の選考は、横浜繊維振興会内のYTA21世紀会が横浜スカーフの認知度向上などを目的に主催。4代目となる今回は、80人以上の応募の中から筑地さんのほか、上野あずささん(25)、古賀幸子さん(41)、酒井昭子さん(49)、石川佑美さん(29)の5人が選出された。任期は1年間で、5人はイベントなどでPR活動をしていく。

 筑地さんは、「同世代の若い人たちにスカーフの魅力を伝えたい」と意気込んでいる。

学生によるショーも

 4月25日からは赤レンガ倉庫1号館1階=中区=で、横浜スカーフをテーマとした「横浜ファッションウィーク」が始まる。期間中は大使の任命式(26日午後2時〜)や、YFDの学生制作の、横浜スカーフを使った作品が披露されるファッションショー(29日午後2時〜)などがある。ショーには筑地さんもモデルとして出演予定。

 5月6日まで。問合せは実行委員会事務局【電話】080・1273・7804。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter