鶴見区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

民意反映の仕組みを 維新の党 有村 俊彦さん

政治

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena

――選挙戦を振り返って。

 「厳しい戦いだった。前回は新人としての期待もあった。票を落としたことは重く受け止めているが、その中でも、4年間の取組に対して初めて評価を頂いた意味は大きい。重みを感じているとともに、まだまだ活動が足りないということも実感した。改めてスタートを切る、そんな思いだ」

――2期目、特に取り組みたいことは。

 「政策を実現させるためには、まず財源が必要になる。1期目から引き続きになるが、行財政改革、公共の運営改善はしっかり進めていきたい。その上で、確保した財源の使い道に、民意が反映される仕組みを構築したい」

――鶴見の課題は。

 「まちの利便性が向上すれば、ポテンシャルが上がり、価値も上がる。1日8万人が乗降する駅の在り方は考えていかないといけない。東西口ともあのままでいいのか、放置自転車の問題などもある。全てを新しくする必要はないが、鶴見が好きだと住んでいる人たちが便利に暮らせるようにしたい。そのほかにも、バスルートや花月園などの跡地の問題などある。どれも地域に合わせた解決方法があるはず。意見集約できるよう、動いていく」

――区民へのメッセージを。

 「地域目線で間違っているものは間違っていると言える、市民代表としての役割を果たしていく。パフォーマンスでなく思いを形にし、日ごろの取組を見えるようにする。政治への関心のなさを埋めていきたい。いつでも何でも、意見を頂ければありがたい」

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter