鶴見区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

地域密着の事業を 無所属 井上 桜さん

政治

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena

――選挙戦を振り返って。

 「当選の喜びがある一方で、投票率の低調が残念。支援してくれるボランティアはかつてなく多かったが有権者の関心は低く、政治参加への壁があると感じた」

――今後実現したいことは。

 「横浜市は今後人口減少の時代に入っていく。市は新市庁舎の整備やカジノ誘致などに前のめりになっているが、人々の生活や教育などをきめ細かく、大事にしていくよう軌道を修正すべき。具体的には、経済的・家庭的に困難な状況にある子どもたちの支援場所を増やすことや、区内に多い外国籍の子どもたちなどの学習支援の場も増やしていかなければと考えている。空家や空き店舗などを利用し、子育て世代から高齢者まで多世代が交流できる場所などを地域にもっと作っていきたい。

 地域密着の事業を進めていくために、各区に今より大きい権限や予算を持たせていきたい。18区一括でやれる事業が先行しやすいが、一つのパターンで通用するものばかりではない」

――現在の市政への評価は。

 「五輪などを名目にしたハコもの的事業が目立つ。投資が中心部に集中してしまっているが、それで地域は潤わない。地域密着型の事業に変え、直接裾野に投資していくべき」

――区民へのメッセージを。

 「もっと議員を使ってほしい。どうしても垣根を感じるかもしれないが気軽に声をかけて。政党にとらわれず行動できるのが自らの長所。政治にあきらめている人の広い窓口になり、他の議員とも協力し地域の課題に取り組みたい」
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter