鶴見区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

地域と共に汗をかく 自民党 渡邊 忠則さん

政治

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena

――4年間、党市会副団長や市連副幹事長などを歴任しながら迎えた選挙戦だったが。

 「等身大の選挙だった。4年間精一杯やってきたことが評価され、中身を見てもらえたことがありがたい。災害時の自助・共助推進条例など、形にできたことは一定程度満足しているが、まだまだだ。地域と一緒に汗をかき、ともに解決していく姿勢は今後も貫いていきたい。夢を語るのもいいが、『実現力』、これが議員だと思っている」

――3期目となる。取り組みたい政策は。

 「ハード面、ソフト面、細かくはたくさんあるが、自助・共助推進条例を作ったこともあり、防減災には取り組みたい。

 また、課題解決に向けては財源が必要になるが、経済対策として、長年変わっていない京浜臨海部のマスタープランには積極的に力を入れていく」

――鶴見においてはどうか。

 「今任期中で済むものではないと思うが、東西分断の問題は解決にあたりたい。一方で、架け替えの決まった末吉橋や、水管橋、防災公園となる花月園、鶴工跡地など、整備の進んでいる事業は多い。工期の遅れや住民にとって不都合とならないよう、しっかりと進捗を見ていきたい」

――区民へのメッセージを。

 「誰がやっても変わらないとなれば、選ばれた意味がない。『信頼』が大事というのが信念としてある。全部を一人でできるわけではないが、地域と行政、両方と信頼を築き、より良い鶴見のために一緒にやっていきたい」
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter