鶴見区版 掲載号:2015年6月4日号 エリアトップへ

横浜市内児童虐待 新規把握数、4年ぶり減少 児相と区連携で未然防止

社会

掲載号:2015年6月4日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は5月25日、2014年度に市内4カ所の児童相談所(児相)で新たに把握した児童虐待件数が、1072件(前年度マイナス87件)だったと発表し、4年ぶりに減少したことがわかった。中央児相=南区=は、「それでも、まだ高い水準。区などとも連携しながら減少を維持できれば」としている。

 市は、1993年から児童虐待の新規把握件数の調査を開始。2010年以降は右肩上がりで、一昨年度に1159件と初めて1千件を超えていた。

 子育て相談などの窓口となる各区では、昨年1月から虐待対応調整チームを組織しており、「情報共有など連携を強化したことで防げた事案もある」と児相は背景を分析する。

通告件数は過去最多

 市民や警察などの関係機関からの相談・通告件数は、昨年度4507件と、07年の調査開始以来、過去最多を更新。市は昨年11月に制定した「横浜市子供を虐待から守る条例」の中で、市民らの役割も定めており、そうしたPR効果から、件数が増加したとみられる。

 児相によると、「泣き声が聞こえる」などと言った虐待と認定される前の相談や通告も増加。「案件を調査し、事態が深刻化する前に、育児支援など、適切な未然防止策を取れた」とした。一方、2年連続で新規把握件数が1千件を超えたことについては、「計算では1日2件以上、新たに発生していることになる。依然として高い水準に変わりない。さらなる対策が必要だ」との認識を示した。

不安家庭への周知課題

 「支援するサービスは増えているが、一人で悩み、その情報が届かない人たちもいる」と児相は周知を課題に挙げる。

 窓口で対応する鶴見区の担当者は、「自ら『虐待しそう』などと声を上げる人は少ない」とし、「予防のためには保育所や学校とももっとつながったり、生活保護を受ける家庭の状況を把握するなど、早い段階で気づくことが大事」と連携の重要性を訴える。

 児相は、相談・通告件数は今後も増えると予想しており、「不安な家庭をしっかりキャッチし、減少を維持したい」と話している。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

横浜駅西口に交付拠点

マイナンバーカード

横浜駅西口に交付拠点 社会

鶴見区含む8区が対象

4月15日号

地域一丸で謎解き企画

地域一丸で謎解き企画 教育

寺尾小周辺 密さけ工夫

4月15日号

警察署建替えを要望

警察署建替えを要望 社会

区内5団体 移転含め連名で

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

絆のモザイクアート完成

絆のモザイクアート完成 文化

自治連ら企画 HPで公開

4月1日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 教育

非常用に蓄電池配備

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter