鶴見区版 掲載号:2015年6月4日号 エリアトップへ

区内アーティストら 花月園舞踏場を再現 ジャズで踊る祭典企画

文化

掲載号:2015年6月4日号

  • LINE
  • hatena
実行委員会の日比野さん(右)と、当日プロとしてダンスを披露する山下哲也さん
実行委員会の日比野さん(右)と、当日プロとしてダンスを披露する山下哲也さん

 かつて鶴見に日本初の常設ダンスホールがあったことにちなみ、ジャズやダンスを愛する区民らが、生演奏に乗って踊りを楽しめる「鶴見ジャズフェスティバル」を6月27日、鶴見区民文化センターサルビアホールで初めて開催する。

 ジャズフェスティバルは、区内在住の名本海希さんらが企画。発案者である名本さんは、ジャズ音楽のプロデュースやアーティストとして活動。2012年にはサルビアホールを拠点に活動するレジデントアーティストとして活躍している。 イベントの構想は、レジデントアーティストのオーディションで提案していた企画だった。「企画は日本初の常設ダンスホールが鶴見にあったことを知ったのがきっかけ。ぜひ区民に知ってもらいたかった」と名本さんは振り返る。

 ダンスホールは、現在の花月園競輪場跡地にあった児童遊園地「鶴見花月園」に1920年に開場。木張りのフロアにジャズバンドの生演奏が流れる本格的な西洋のホールだったという。

 企画は、サルビアホールで区民企画委員を務め、ダンススポーツ愛好者でもある日比野秀彦さんらの賛同を得て、13年に実行委員会を結成。地元団体らの協力も受けて実現に至った。

100周年イベント目ざす

 当日は、2部編成。1部は生演奏で踊れる「ダンス・フェスティバル」(午後1時開演)、2部はプロ歌手が出演する「ジャズ・コンサート」(午後7時開演)。また、花月園の歴史を写真などでたどる「花月園大正浪漫展」などもある。「毎年実施したい。5年後、花月園のダンスホールオープン100周年イベントができたら」と実行委員会は話している。前売り券発売中。問合せは【電話】045・584・5268。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

警察署建替えを要望

警察署建替えを要望 社会

区内5団体 移転含め連名で

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

絆のモザイクアート完成

絆のモザイクアート完成 文化

自治連ら企画 HPで公開

4月1日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 教育

非常用に蓄電池配備

4月1日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

3月25日号

緑化活動に優秀賞

キリン横浜工場

緑化活動に優秀賞 社会

グリーンインフラで評価

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク