鶴見区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

地区セン・コミハ 区内初の8館交流企画 活動協会の10周年祝う

社会

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena
区民サークルの発表もある(写真=矢向地区センター秋祭り)
区民サークルの発表もある(写真=矢向地区センター秋祭り)

 NPO法人鶴見区民地域活動協会(佐藤信男理事長)運営の地区センター・コミュニティハウス8館の交流イベントが6月19日、鶴見中央コミュニティハウスとサルビアホールではじめて開催される。

 8館交流イベントは、活動協会の設立10周年を祝い、連合町内会の枠を越え交流しようと企画された。当日はフラダンスや琉球舞踊などといった区民サークルの発表会が行われ、サルビアホールレジデントアーティストの大貫夏奈さんによるピアノの演奏もある。また、鶴見中央コミュニティハウスでは19日から20日まで羊毛手芸や絵画などの作品展示も行われる。

 活動協会は、地方自治法の改正により、地区センターをはじめとした公的施設の指定管理者制度が導入されたことを受け、2005年に区内17地区の自治連合会長が発起人となって設立された。現在、潮田と矢向の地区センター2館と、潮田公園、鶴見中央、上寺尾小学校、新鶴見小学校、市場小学校、寛政中学校のコミュニティハウス6館を運営している。

 阿部進事務局長は一大イベントへ向け「みんなの気持ちを一つに合わせて成功させたい。つながるきっかけになれば」と意気込む。

 サークル発表会は午後1時から4時半まで。作品展示は19日が午後0時から8時、20日が午前9時から午後3時までとなっている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter