鶴見区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

子育てサポートシステム 子どもの預かり手不足 負担集中のケースも

社会

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena

 地域住民が子どもの預かり手となる仕組み「横浜子育てサポートシステム」で、預かり手が不足している。特に保育園の迎えを代行できる人員が少なく、一部の預かり手に負担がかかるなどのケースが出ている。

 子育てサポートシステムは、子育て中の親が有料で子どもを地域住民に預けられるもの。会員登録制で、登録した親(利用会員)と預かり手(提供会員)の双方を事務局がマッチングさせる仕組み。横浜市社会福祉協議会が市から委託を受け、2001年から全区展開されている。

 預けられるのは生後57日以上から小学6年生まで。1時間ごと800円〜900円で、保育園や塾などの送迎代行から、親のリフレッシュの時間づくりなどのために利用できる。

 2015年6月現在、区内でサポートシステムに登録する親が678人いるのに対し、預かり手は、利用会員と提供会員を兼ねた両方会員を合わせても152人。鶴見区支部事務局は、「実質的な利用数と登録数は異なるため、登録数のみで不足は説明できないが、預かり手の確保は課題」と話す。

保育園利用多く1時間に3人迎えも

 区内の利用内容で多いのは保育園の迎えの依頼。14年度の利用内容の中でも保育所・幼稚園への迎えに関する内容が多い。利用時間を見ても、料金は1時間ごとにもかかわらず、1時間未満の利用者が最も多く、その多くが迎えを依頼しているという。

 一方で、区内で活動する預かり手の多くは、40代から50代の主婦だ。親が迎えを希望する時間帯は、預かる主婦もちょうど家事などで忙しい時間帯のため、人手が不足する。

 そのため、限られた人に負担がかかるケースが出ている。預かり手として活動している一人・藤代真由美さんは、「1時間に3人のお迎えに行くこともあった」と振り返る。

 また、預かり手が地域に偏在しているため、人手不足で遠方にいる預かり手を依頼すると、交通費の負担が大きくなり、マッチングが成立しないこともあるという。「サービス業で働く親は日曜日も預けたいというニーズもあるが、現状では要望に応えにくい」と事務局は話す。

短時間でも協力を

 親類が近くにいない環境の上、働きながら子育てをする親が多くなる中で、サポートシステムは地域ぐるみの子育てを担っていると、事務局は分析する。「特別な資格はいらず、短時間からでも気軽にできることをアピールしていく。特に少ない地域に対してはキャンペーンなども検討したい」
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

無事の証に黄色いカード

豊岡第三

無事の証に黄色いカード 社会

災害時の共助推進へ

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

食ロス削減機運高まる

協力団体を募集

食ロス削減機運高まる 社会

 食品回収場所が増加

10月15日号

分散、密回避で開催へ

生麦de事件まつり

分散、密回避で開催へ 社会

工夫重ね、60店が参加

10月15日号

コロナ禍の避難所体験

コロナ禍の避難所体験 コミュニティ社会

平安小で開設訓練

10月8日号

防犯栄誉金章を受賞

市場大和町安西さん

防犯栄誉金章を受賞 社会

指導員活動24年で

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク