鶴見区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

市内緑被率、5年間で微減 「保全」追い付かず

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市が行った調査によると、2014年度の市域面積に占める緑の割合を示す緑被率は28・8%。09年度の前回調査時29・8%に対し1・0ポイント減っていることがわかった。市は09年度から取り組む「横浜みどりアップ計画」に基づき、緑の減少を抑える取り組みを実施。5年間で527・2haの樹林地を緑地保全指定したものの、目標としていた1119haの47%に留まった。

 緑被率調査は、市が300平方メートル以上の緑地の総量の推移を中長期的に把握することを目的に、概ね5年ごとに実施しているもの。14年度の緑被率は28・8%で、09年度調査時の29・8%に対し1・0ポイント減、約40年前の1975年度調査時の45・4%と比べると、約4割の緑が失われていることになる。区ごとに見ると、最も緑被率が高いのは緑区の41・4%。栄区(40・6%)、泉区(37・6%)がこれに続く。西区は11・6%で最低だったものの、18区中唯一、前回調査時よりも増加をしている。これに関して市環境創造局担当者は「みなとみらい地区での公園整備のほか、開発予定地に草が生えたりした影響なのでは。詳細は今後調査する」と話す。

みどり税114億円投入

 緑被率が低下する一方、市は緑を次世代に引き継ぐことを目的に09年度から、「横浜みどりアップ計画」を実施。14年度からは2期目がスタートしている。

 主な取り組みは「樹林地の保全」「農地保全」「地域緑化」。事業の財源の一部には、市民と市内の企業から徴収している「横浜みどり税」を活用。14年度までの6年間の事業費約583億円のうち、約114億円が同税から執行された。

 1期目の5年間で緑地保全された樹林地は527・2ha。目標1119haの半分にも満たないが、5年間の年平均は105ha。計画前5年間の年平均20haの5倍となる。また、固定資産税の対象となっている樹林地の面積は、5年間で年平均14ha減。計画前5年間の年平均47ha減と比べ減少幅は縮小しており、一定の成果は見られる。市担当者は「税負担をお願いしている市民に効果を実感してもらえるよう、引き続き樹林地などの保全を進めるとともに、(緑被率には表れにくい)その場に適した身近な緑化事業への助成などにも注力していく」としている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter