鶴見区版 掲載号:2015年7月2日号 エリアトップへ

大阪都否決 大都市制度考える好機に デスク・レポート

社会

掲載号:2015年7月2日号

  • LINE
  • hatena

 ▼大阪市を5つの特別区に分け、府と市の二重行政解消をうたった「大阪都構想」が、5月17日の住民投票で否決された。2012年成立の大都市地域特別区設置法によると、政令市と隣接自治体の人口が200万人以上の地域で、市町村を廃止し特別区を設置できると定めている。要件を満たすのは横浜や川崎など全国10市。県民の3分の1以上を占め、政令市最多の約371万人を抱える横浜でも、市と県の役割について考え直す好機だ。

 ▼二重行政をなくすという両者の目的は同じだが、横浜市が現在目指している大都市制度は、市を廃止し新たな区に分割する大阪都とは異なり、現行の行政区を生かし市との二層構造を基本に住民自治を強化する「特別自治市」への移行だ。市政に関する仕事と税財源を県から譲り受けて独立するのが狙いで、高齢化による財政負担増や財源不足など、大都市特有の課題が背景にある。県と市が同一の公共施設整備に携わるケースや、病院や保育所、幼稚園などで事務と権限が市と県に分断されるというのが二重行政の実態。横浜型の特別自治市では国の仕事以外は全て市が行い、市域内の地方税を全て市が徴収する想定だ。

 ▼特別自治市の実現をめぐってはハードルも高い。市の大綱によると、県と近隣市町村との水平的で対等な連携を維持、強化すると記されているが、横浜の現状はどうか。先月の会見で特別自治市の推進を表明した林文子市長に対し、黒岩祐治知事は「(横浜から)二重行政との指摘を受ける事例もあるが、話し合いで一つひとつ調整してきている」としており、大きな動きは見られない。相模原市や鎌倉市など県内市町村との協議をはじめ、国が認める「総合区」のような区の権限強化をどう進めるのかについても、議論がまだ十分とは言い難い。

 ▼大切なのは住民への情報開示と熟議ではないだろうか。行政に市民の声が届きにくいのは大都市特有の課題であり、「正しい情報がないと、住民の意向は市の意思決定に反映されない」と市議の一人は指摘する。また、ある県議は「県のあり方や役割を見直す機会にすべき」と議論を促す。主権者である市民に行政はどう向き合うか、考える好機ととらえるべきだ。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

高津区の被災企業へ寄付

マルハチ 台風支援ライブ

高津区の被災企業へ寄付 社会

11月14日号

夢ひろば大盛況

夢ひろば大盛況 社会

1千人パレードも

11月14日号

聴き上手で会話楽しむ

聴き上手で会話楽しむ 社会

12月2日に講座

11月14日号

市役所でコンサート

市役所でコンサート 文化

区内奏者が出演

11月14日号

12日から申込始まる

12日から申込始まる スポーツ

親子仮装と一般

11月7日号

笑いで税を考える「法人劇場」20日に

商店街でハロウィーン

商店街でハロウィーン 社会

親子らでにぎわい

11月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク