鶴見区版 掲載号:2015年7月9日号 エリアトップへ

鶴見川漕艇場 乗り場腐食 利用停止に 再開未定 3万人に影響か

スポーツ

掲載号:2015年7月9日号

  • LINE
  • hatena

 年間延べ3万人が利用する横浜市鶴見川漕艇場=元宮=が、6月下旬から乗艇利用を停止している。ボートの発着時に必要なフロート「台船」に腐食が見つかり利用できなくなったためだ。乗艇利用の再開時期は未定。愛好家の間では、他施設の中でもアクセスが良く、艇のレンタルもできる貴重な場所とされていたことから、早期の再開が望まれている。

 鶴見川漕艇場は、市が1988年に開設。鶴見川沿いの艇庫には、貸与用のボートやカヌー46艇が並ぶ。

 利用者は年間延べ3万人。学生時代に漕艇経験のあるシニア層から、子どもまで幅広い世代が訪れている。郊外にある他施設よりもアクセスが良く、ボートを貸し出す施設も珍しいため、千葉や埼玉など県外からの利用者もいるという。

水中、発見難しく

 乗船利用を停止した原因は、「台船」を支える柱に腐食が見つかったため。台船は、艇の乗り降りに利用するため川に浮かべるアルミ製のフロート。川に垂直に立てた4本の柱によって、風や増水などで流されるのを防いでいた。

 今年3月、漕艇場職員が柱の1本が腐食し不安定になっているのを偶然発見。その後、残りの3本も歪んでいる可能性があることがわかり、安全確保のため利用を中止した。

 台船は、漕艇場オープン時から設置。柱は2000年に腐食部分の交換が行われていたが、以来修理されていなかった。

 点検は定期的に実施されていたが、柱の腐食部分はほぼ常に水中にある。大潮の際に、水位が下がらないと目視で発見することは難しいという。

活動休止団体も

 現在漕艇場は、トレーニング用のマシンや会議室、艇庫の利用ができるのみ。今後は、市が台船の状況を調査し、修理方法などについて検討する予定だが、具体的な日程は未定。市は、「調査には潜水が必要になる可能性がある。鶴見川は1級河川で国との調整も必要で、見通しが立たない」と話す。利用再開後の点検方法については、「5年ごとにやるかなど、検討していきたい」としている。

 漕艇場を拠点にボート教室などを開いてきたNPO法人横浜市ボート協会は、「活動できず困っている。予定していたイベントも中止になってしまった」と嘆く。また、練習ができなくなってしまった高校ボート部もあるという。漕艇場の内山松男主事は、「愛好者の社交場でもある。早く工程を知らせ、修理に着手したい」と話している。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

医療従事者へ感謝の野菜

県農協青壮年部

医療従事者へ感謝の野菜 社会

園児から絵の贈り物も

8月6日号

9割はネット広告から

市内通販トラブル

9割はネット広告から 経済

前年度から相談倍増

8月6日号

子育て地図、英語版を改訂

つるみままっぷ

子育て地図、英語版を改訂 社会

WEBも活用、情報幅広く

7月30日号

横浜新市庁舎に開業

市民協働推進センター

横浜新市庁舎に開業 社会

地域団体などの活動拠点に

7月30日号

激励と感謝込め、大輪75発

總持寺

激励と感謝込め、大輪75発 社会

密避け”サプライズ花火”

7月23日号

コロナ長期化9割「影響ある」

コロナ長期化9割「影響ある」 経済

市調査で企業回答

7月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 5月28日18:48更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク