鶴見区版 掲載号:2015年7月23日号
  • googleplus
  • LINE

火の海から生き延びて 汐入町在住 椎橋満雄さん

社会

兄の戦死した現場に案内する椎橋さん
兄の戦死した現場に案内する椎橋さん

 旭硝子や日本鋼管などそうそうたる企業が立ち並んでいた潮田地区。戦時中、産業道路には川崎大師から總持寺までをつなぐ路面電車が通るなど、交通の要の地でもあった。

 だからこそ、終戦間際には度々爆撃の標的とされた。「産業道路からこちら側は火の海。潮田町一丁目、本町通二丁目・三丁目以外は全て焼け野原になった」。汐入町に先祖代々住み続けている椎橋満雄さん(88)は、1945年4月15日の空襲をそう回顧する。家は全焼し、命からがら大黒町へと避難した。

兄の遺体 バラバラに

 21歳で兵隊検査を受け、徴兵された当時。8つ上の兄も、歩兵として3カ月中国で訓練した後、旭硝子の敷地内に駐屯していた7889部隊に配属された。

 忘れもしない7月13日、B25が兵舎を爆撃。兄の命を奪っていった。遺体を見て思わず絶句したという。「バラバラでなんとか人間の形に整えていた。言葉がでなかった」。棒で取り繕われた無残な姿にただただ驚き、涙も出なかった。

 兄の死後、21歳になった満雄さんにも兵隊検査の時が訪れた。「体は弱かったけど合格のハンコをもらった。基準なんてあってないようなものだった」。幸い戦地に赴く前に、終戦を迎えた。「兄のこともあったので、内心ほっとした」と明かす。

 「もう戦争して欲しくない。何もない方がいい」。生きることに必死だったというあの時代を駆け抜けたからこそ、次世代に伝えたいことがある。「人任せにするのではなくて、何でも自分で率先して動いて」
 

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク