鶴見区版 掲載号:2015年7月23日号 エリアトップへ

矢向在住北見さん ダンス世界一に あさって、別の大会にも

社会

掲載号:2015年7月23日号

  • LINE
  • hatena
優勝の盾を掲げる北見さん(上)、世界一のダンス(下、北見さん提供)
優勝の盾を掲げる北見さん(上)、世界一のダンス(下、北見さん提供)

 矢向在住で白鵬女子高2年の北見優衣さん(17)が、先ごろチェコで行われたストリートダンス世界大会「SDK WORLD BATTLE TOUR」のロッキング部門で優勝を果たした。7月25日から渋谷区で開かれる「WORLD DANCE COLOSSEUM」(WDC)にも出場。世界連勝を目ざす。

 北見さんが優勝したSDKは、「ストリートダンスのオリンピック」とも言われる大規模な世界大会。世界中からダンサーが集まるキャンプ形式のダンスイベントの中で行われるものだ。

 イベントへの参加は、中学3年生から3年目。今年は5月のアジア予選で一度敗退したものの、現地予選から勝ち上がり、快挙を成し遂げた。

夢への一歩

 4歳からダンスを始めたという北見さん。小学校2年生のとき、通っていたスタジオの発表会が楽しくて、「人々を笑顔にさせる、世界で活躍するエンターテイナーになりたい」と夢を抱いた。以来、レッスンや動画サイトで研究しながら自主練習で腕を磨いてきた。様々なジャンルのダンスを学んできたが、現在は、激しい動きの中で静止してポーズをとるLock(ロック)が得意だ。

 ストリートダンスの世界では、中学生までがキッズクラスとされる。北見さんは「大人の中で優勝できた。これでスタートライン」と、海外初優勝の意義を語る。

 明後日には、7年目を迎える日本初のストリートダンス世界大会「WDC」に挑む。6月に関東予選を制し、関東代表として臨む今大会。昨年は初出場でベスト8だった。「今年は優勝したい」。高校入学後、勉強との両立で予選落ちが続いたが、そのおかげで8月から英に一年間の語学留学も決まった。「ダンスもいい調子になってきた」。鶴見から世界のダンサーへ、夢の階段を駆け上がる。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

校舎窓に手作りエール

鶴見小学校

校舎窓に手作りエール 教育

休校中にもつながりを

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

アマビエグルメで疫病退散

アマビエグルメで疫病退散 文化

区内女将ら 限定販売

5月21日号

外国人世帯に食糧品配布

ABCジャパン

外国人世帯に食糧品配布 社会

コロナ禍で解雇なども

5月21日号

被害額県下ワーストに

区内振り込め等

被害額県下ワーストに 社会

給付金詐欺にも警鐘

5月14日号

昼食で一人親を支援

昼食で一人親を支援 経済

楽匠 顧客に恩返し

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク