鶴見区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

市教委 授業にタブレット導入 市立小中8校に320台

教育

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市教育委員会は児童・生徒の情報活用、発信力向上などを目的とし、今年度から小中学校8校にタブレット端末(多機能携帯端末)を導入した。教委担当者は端末を「補助的なツール」と位置付け、授業や課外活動の中での活用に期待を寄せ、今後の拡大については「前向きに検討していく」としている。

 国が2020年を目標に生徒・児童に1人1台のタブレット端末を導入する方針を掲げていることもあり、教育現場に端末を導入する動きが全国的に広がりを見せている。横浜市でもこれまで、独自に端末を授業などで活用する学校はあったが、今回は教育委員会が主導し「次世代教育環境の整備」に着手した形だ。

 昨年12月に策定された「第2期横浜市教育振興基本計画」の中には「タブレット端末導入」が重点施策のひとつに盛り込まれている。その「第一歩」として今年度は市域を東西南北に分け、各エリアから小中学校2校を選定。当初予算に事業費1600万円を計上し、各校に40台の端末を配備した。

「補助的なツール」

 市教委は端末を「補助的なツール」と位置付ける。「授業に新たな『エッセンス』を加えることで、子どもたちの能力向上に寄与する」とし、板書や教科書を用いた従来の授業との融合を目指す考えだ。

 小型で幅広い機能を搭載する端末機器の導入は現行の授業では補いきれなかった部分の補完が期待される。例えばタッチパネル機能を活かし、算数や数学の授業では立体の図形を回転させることで板書と教科書、口述で行う現在の授業形態では説明しづらかった空間の理解を視覚的に伝えることができるという。

 教室外での授業への活用も有益で体育の授業でカメラ機能を使い自分の動きを動画で客観的に見たり、理科の授業での野外観察、社会科見学などに活用する事例もある。 

課題は教員の対応力

 「活用法は無限大。基本的には活用制限を設けず、推進していきたい。今後の拡大についても前向きに検討していく」と教委担当者は話すが、IT機器に不慣れな教員もおり、取り組みを拡大していくには教員のスキルアップ体制の構築は不可欠の要素となる。

 今後は外部から講師を招き「実践的な活用法を教員に指導する体制の整備も検討が進んでいる」とし、「端末が授業には欠かせないチョークのような存在になれば」と話している。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

新たに合同盆踊り

東寺尾周辺6町会

新たに合同盆踊り 文化

交流、人手確保などに工夫

8月22日号

登校時に防犯パトロール

横浜市

登校時に防犯パトロール 社会

殺傷事件受け試行

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月15日号

火災、市内最多を更新中

火災、市内最多を更新中 社会

鶴見区内 たばこなど要因

8月15日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

外務大臣表彰を受賞

ABCジャパン安富祖さん

外務大臣表彰を受賞 社会

在日外国人支援など評価

8月8日号

公園にゴミ捨てないで

公園にゴミ捨てないで 社会

平安小児童 気づきから啓発

8月1日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク