鶴見区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

薬剤師として子どものための薬物・飲酒乱用防止教室を開いている 山崎 健さん 馬場在住 58歳

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena

全力で薬物から子を守る

 ○…小・中・高校で長年薬物・飲酒乱用防止教室をボランティアで開催してきた功績が認められ、鶴見警察署から感謝状を受けた。薬物依存の怖さを強調するだけでなく、米国で実積のある幼少期の記憶を呼び覚まさすトレーニングなどを取り入れた教室を、区内外で年間40回開き、約1万人の子どもたちを前に語っている。「教室を開くことは今となっては当たり前かもしれないが、タブーに思われていた時代もあった。今までの活動が認められ、うれしい」

 ○…母の家系に医師が多かったことから、同じ道に進むことを望まれていたが、別の道を選んだ。「数学が不得意で薬剤師になった」と苦笑いする。目指したのは学校薬剤師。幼いころから子どもらを教えることが憧れだった。習っていた柔道の指導者に影響を受けたという。「生徒みんなにカレーをご馳走してくれるような、人を差別することのない、あったかい人だった」。薬物乱用防止教室は、保健室の養護教諭から勧められ始めた。当初は「誰も聞いてない」状況だったが、アメリカに渡り研究を重ね、現地で衝撃を受けた子ども用プログラムを輸入。自ら学校に営業し、教室を開いてきた。「日本一の薬剤師になりたいという情熱でやってきた。米国の方法を初めは理解されなくても、障害には感じなかった」

 ○…スケジュールはほぼ仕事で埋めている。「研修会や勉強会が好き。どこへでも行く。ワーカホリックだね」。教室ではスライドは使わず、ドラマ「踊る大捜査線」の青島刑事を真似たパフォーマンスを披露するなど、子どもを飽きさせないよう毎回全力投球している。「終わった後はもう、クタクタだよ」と笑う。

 ○…最近は学校からの依頼も増えてきた。「学校や自治体の理解はさらに必要」。今後は自らの後継者育成もしたいという。「やるだけのことをやりたい」。これからも熱い思いで学校を駆け回る。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 75歳

8月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク