鶴見区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

目ざせ学生発ヒット商品 商大生が企画販売

教育

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
企画販売する商品をアピールする学生ら
企画販売する商品をアピールする学生ら

 横浜商科大学の学生が、横浜にちなんだグッズを企画し、インターネットで販売する試みを始めている。

 同大の1年生約20人が、ネットによる商品企画販売を学ぶ授業の一環として取り組んでいるもの。8月から約1カ月間で、商品作りから販売サイト立ち上げまで、講師のサポートを受けながら行ってきた。

 「横浜を好きになってもらう」をコンセプトに企画した商品は、Tシャツやネクタイ、バッグなど。学生自身がターゲットを設定し、プロのデザイナーとも協力しながら、こだわりぬいて作られている。

 オリジナルの横浜の「ゆるキャラ」をあしらったマグカップを作成した学生は、「修学旅行生を想定した。販売だけでなく、市内のカフェなどでも活用してもらいたい」と話す。

 販売サイトでの売れ行きはまだこれから。学生の間では「こんなに売れないのか」という声も上がるが、「広告宣伝が足りなかった。工夫して売上げを伸ばしたい」と意欲を見せる。

 今後は、同大でのイベントでの手売り販売もやっていきたいという。

 販売サイトはhttp://shodai.saleshop.jp/。在庫には限りあり。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

初の制作展が中止

寺尾中影絵部

初の制作展が中止 文化

生徒の力作 コロナで断念

3月26日号

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

区内イベント等中止情報

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク