鶴見区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

シァル鶴見 YFDとコラボでショー 初のファッション企画

社会

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena
来場を呼びかける生徒たち
来場を呼びかける生徒たち

 JR鶴見駅の駅ビル・シァル鶴見と、学校法人桜井学園横浜ファッションデザイン専門学校(YFD)が協力し、同ビル屋上を会場に10月24日、初のファッションショーを開く。生徒をモデルに、テナントのレディスファッションブランドの商品を紹介するといったユニークな試みなどを企画。「来館者を楽しませたい」と関係者は意気込む。

 ショーは、地元活性化を目的に、鶴見の人たちと何か企画したいと、シァル鶴見が学校側に依頼。外部での発表の場は貴重な機会と、YFDが了承し実現した。YFD関係者によると、「一つの商業施設で複数のブランドが関わるショーは珍しいのでは」と話す。

 ショーは3部構成で企画。1部は、ショップスタッフによる秋冬おすすめの商品紹介。2部は、YFD生徒がモデルとなり、各ショップの秋冬ファッションショーを展開する。3部は、YFD生徒によるショーだ。

学生作品34着も

 YFDは3部でデザインスーツ、秋冬コーディネート、ドレスの計34着を出品予定。商業施設で学生作品を披露するのは初めてという。60年代風のセットアップを自ら着て歩く萩原彩華さん(2年)は「緊張するけど楽しみたい」と笑顔。袴を現代風にアレンジした高橋諄さん(2年)は、「一般の人にも見られる良い機会。(学校主催の)2月のショーも見に来てもらえれば」と話している。

 午後1時〜2時。入場無料。荒天時4階で実施。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

無事の証に黄色いカード

豊岡第三

無事の証に黄色いカード 社会

災害時の共助推進へ

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

食ロス削減機運高まる

協力団体を募集

食ロス削減機運高まる 社会

 食品回収場所が増加

10月15日号

分散、密回避で開催へ

生麦de事件まつり

分散、密回避で開催へ 社会

工夫重ね、60店が参加

10月15日号

コロナ禍の避難所体験

コロナ禍の避難所体験 コミュニティ社会

平安小で開設訓練

10月8日号

防犯栄誉金章を受賞

市場大和町安西さん

防犯栄誉金章を受賞 社会

指導員活動24年で

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク