鶴見区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

在宅ケア従事者ら 連携強める勉強会 115施設から180人参加

社会

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena
説明に耳を傾ける参加者
説明に耳を傾ける参加者

 区内の医療・介護従事者らによる団体「つるみ在宅ケアネットワーク」の合同勉強会が、10月13日、済生会横浜市東部病院で開かれた。

 同団体は、区内の在宅ケアを支えようと、区医師会在宅部門が中心となって設立。2010年の発足以来、年々参加者が増加しており、顔の見える関係を築いている。

緊急時に課題

 12回目を迎えた勉強会には、約180人が参加。東部病院救命救急センターの山崎元靖医師を講師に、在宅療養者の緊急時対応の現状と課題について学んだほか、先ごろ区内に設置された認知症初期集中支援チームの説明などもあった。

 山崎医師は、在宅療養者が望む「平穏死」に触れた上、救命が専門となる救急センターとの矛盾を説明。「人生の最終段階こそ望む医療を提供したいが、現状は救命センターでの平穏死は難しい」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

今夏の横浜市長選 太田市議(磯子区選出)が出馬意向

【Web限定記事】

今夏の横浜市長選 太田市議(磯子区選出)が出馬意向 政治

IR誘致に反対

1月14日号

横浜市JR鶴見駅前も飲食店8時閉店の「緊急事態」

【Web限定記事】

横浜市JR鶴見駅前も飲食店8時閉店の「緊急事態」 経済

二度目の宣言 経験いかすも厳しい声

1月14日号

消防技術大会で長官賞

安善町共同防災組織

消防技術大会で長官賞 社会

正確な操作などに評価

1月14日号

振り込め未然に防止

振り込め未然に防止 社会

コンビニに感謝状

1月14日号

市民施設は原則20時まで

宣言期間中

市民施設は原則20時まで 社会

1月14日号

横浜市鶴見区 コロナ患者 累計863人に 

【Web限定記事】

横浜市鶴見区 コロナ患者 累計863人に  社会

港北、南、中区に次いで4番目の多さ

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク