鶴見区版 掲載号:2015年12月10日号 エリアトップへ

森永氏が糖尿病体験語る 区関係団体ら講演に580人

社会

掲載号:2015年12月10日号

  • LINE
  • hatena
講演する森永氏
講演する森永氏

 鶴見区健康づくり推進会議主催の糖尿病講演会「お金と健康を引き寄せる法則」が12月5日、鶴見区民文化センターサルビアホールで行われた。講演会には、テレビでもお馴染みの経済アナリスト・森永卓郎氏と、済生会横浜市東部病院の比嘉眞理子氏が講師として登場。関係者含め約580人が、糖尿病に関する知識などを学んだ。

 区健康づくり推進会議は、区民の健康増進を目的に、医師会や歯科医師会などの関連団体のほか、スポーツクラブやドラッグストアといった民間企業らが連携し、健康に関する区内の課題解決に取り組むもの。講演会は、会議の中で発案され、はじめて企画された。

 日本糖尿病学会専門医の比嘉氏は、便利な現代は肥満が増えており、糖尿病を要因とする心血管や脳血管疾患が死因・寝たきりのもとになると解説。「街中は無料のジム。1000歩増やすために10分余分に歩いて」と日ごろからの運動を呼びかけていた。

 一方、森永氏は、テレビの裏話を交えた軽妙なトークで会場をわかした。休みなく働いていた時代に、糖尿病が悪化した経験を話しつつ、「国民医療費の5%、1兆2千億円が糖尿病に使われている」と指摘。自身は番組企画を通し、1カ月半で10kgの減量に成功したと明かし、現在は注射や投薬を受けていないと聴衆を驚かせた。「健康的に毎日ドキドキ生きることは幸せなこと」と話した。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ロボット探究部が世界5位

YSF中高

ロボット探究部が世界5位 教育

青少年対象の大会で入賞

6月23日号

はかま姿で魅力発信

はかま姿で魅力発信 文化

毎日新聞横浜支局 サポーターを公募

6月23日号

鶴見総合高に和太鼓寄贈

(株)マルハチ

鶴見総合高に和太鼓寄贈 教育

「練習の励みになれば」

6月23日号

横浜18区キャラが勢揃い

横浜18区キャラが勢揃い 社会

東戸塚でパネル展

6月23日号

「健やかに」一針に思い込め

「健やかに」一針に思い込め 社会

幼子見守る背守り会

6月23日号

親子で楽しむ音楽会

親子で楽しむ音楽会 文化

サルビアホール

6月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook