鶴見区版 掲載号:2015年12月10日号 エリアトップへ

県政報告ひでしの「実績で勝負」【7】 災害対応ロボット普及に全力 公明党 鈴木 ひでし

掲載号:2015年12月10日号

  • LINE
  • hatena
運転席に装着された遠隔建機操縦ロボットを視察
運転席に装着された遠隔建機操縦ロボットを視察

 神奈川県は、国からの指定を受け、県央・湘南地域10市2町を「さがみロボット産業特区」として、2年前からロボット産業の振興に取り組んでいます。

 しかし、災害・事故対応型や、インフラ点検用ロボットは、効果が期待できる現場において、身近に感じる機会を設けることは容易ではなく、まだ課題解決の手段になると実感できる状況となっていません。

 そこで、今年2月の定例会の際、黒岩祐治県知事に対し、県を中心とした公的団体が、災害対応ロボットなどを無償で借り受けた上、実証実験や効果測定を行うことを提案。それにより、効果が期待できる団体等に、費用対効果などを示し、導入を提案できる上、市場化の見通しが立ちづらいと言われる災害対応ロボットの開発の後押しにもつながると進言しました。

モニター制度新設

 提案を受け県は、現場への導入促進を目的に、モニター制度をスタート。神奈川県警察を適用第一号とし、特区の支援により商品化された「人工筋肉による遠隔建機操縦ロボット」を訓練で使用しています。

 このロボットは、ショベルカーなどを遠隔で操作可能で、災害現場など人が近づけない場で運用できます。県警は風水害対策警備訓練で使用し、今後県は現場での評価を発信していきます。また、先日は、大規模地震を想定した総合防災訓練(ビッグレスキューかながわ)でもデモンストレーションが行われました。

 災害現場でのロボット活用には、まだ規制など課題はありますが、命にかかわる問題、今後も普及に全力で取り組んでいきます。
 

鈴木秀志

横浜市鶴見区豊岡町14-27

TEL:045-580-2830
FAX:045-580-2831

http://www.hideshi-suzuki.com/index.html

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

県職員の海外派遣に関する「新たなルール」を実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」69

県職員の海外派遣に関する「新たなルール」を実現

公明党 鈴木 ひでし

6月9日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

6月9日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook