鶴見区版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

途上国税務職員 鶴見青色申告会を視察 自主納税団体の活動学ぶ

社会

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena
青色申告会の概要説明を受ける研修生
青色申告会の概要説明を受ける研修生

 途上国の税務職員を対象とした国税庁実務研修の一環で12月7日、研修生15人が鶴見青色申告会の視察に訪れ、同会の活動について学んだ。

 この研修は、国際協力機構(JICA)による途上国への技術協力の枠組みで、国税庁が税務行政改善を支援するもの。国内の大学院に留学している税務職員を対象に、日本の税制などに関する講義を行っている。今年はブータンやジンバブエ、ルワンダなど9カ国の研修生が10月から来年6月まで受講。数ある青色申告会の中から、活動が活発で会館を所有している同会が研修先として選ばれた。

誠実な申告説く

 個人事業主が自主的に正しい納税・申告を行おうと、1950年に設立された同会。記帳指導や税理士の協力を得ての税務相談、行政と連携したe―Taxの利用促進など、会員が適正な納税を行えるよう様々な支援に取り組んでいる。

 当日は三橋忠司会長が同会の概要を説明。研修生は納税者が自主的に活動していることに驚き、「活動資金はどこから」「設立当初のメンバーの夢は」といった質問があがっていた。

 三橋会長は「資金は会員の年会費で賄えるよう、役員が節約してやりくりしている。税金で国が成り立っているので、納税の義務を果たし、誠実な申告を行うことで国が栄えていく」と説いていた。

 インドネシアの国税総局職員は「わが国では納税者と行政は犬猿の仲なので、青色申告会のような会は素晴らしい」と絶賛。タンザニアの歳入庁職員は「こういう協会はないので、しっかり学んで帰りたい」と話していた。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

初の制作展が中止

寺尾中影絵部

初の制作展が中止 文化

生徒の力作 コロナで断念

3月26日号

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

区内イベント等中止情報

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク