鶴見区版 掲載号:2015年12月24日号 エリアトップへ

保育士不足、深刻さ続く 市独自策で対応

掲載号:2015年12月24日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は10日、10月1日現在の保育所などの利用児童数が56865人と過去最多を更新したことを明らかにした。来年4月に向け新たに認定保育所などを整備する方針だが一方で、現場の保育士確保が困難な状況が課題となっている。

 増え続ける保育所入所申し込み者に対応するため、横浜市は待機児童対策を重点施策に掲げ、13年4月1日時点の待機児童数ゼロを達成した。だが、保育所の利用希望者はその後も増え、今年10月1日現在の待機児童数は292人。利用児童数も56865人と過去最多となった。市では来春に向け「認可保育所16カ所のほか、幼保育連携型認定こども園3カ所などを整備する」とし、利用者ニーズに対応する考えだ。

新たに1600人

 保育所整備の一方で、もう一つ全国的に問題となっているのが保育士不足。横浜市も例外ではなく人材確保が困難な状況だ。

 市は「数年前から人材確保が厳しい状況が続いている。さらに17年までの3年間で新たに1600人の保育士が必要になると推計している」と話す。今年9月の保育士の県内有効求人倍率は2・85で全国平均1・85を上回っている。「特に首都圏の倍率が高く、来年度以降もさらに採用が困難になることが想定される」とした。

 保育士不足の原因の一つが賃金の問題だ。国の調査結果では全職種の平均月収32万円に対し保育士は21万円と10万円以上の開きがある。そのため保育資格を持つ求職者の約半数が「賃金が希望と合わない」などの理由で保育士の就業を希望していない現状だ。

家賃一部補助も

 こうした状況を受け市では、保育資格を持ちながら保育士職に就いていない潜在保育士の復職支援に力を入れている。県などと共同運営する「かながわ保育士・保育所支援センター」(神奈川区)では、昨年度、97人を市内保育所などにコーディネート。ハローワークと共催で面接会など開くなど人材確保に向けた直接的な動きも行っており、13年に96人、14年に121人を採用するなど一定の成果を上げている。

 また、これまでに現場での負担軽減策として保育士1人あたりの子どもの人数を国の基準より少なくする市独自の取り組みを実施しており、13年度からは地方の人材確保を目的に家賃の一部を補助している。

 市担当者は「今後も面接会などの事業を継続的に行い、着実に人材確保につなげていきたい」と話す。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

無事の証に黄色いカード

豊岡第三

無事の証に黄色いカード 社会

災害時の共助推進へ

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

食ロス削減機運高まる

協力団体を募集

食ロス削減機運高まる 社会

 食品回収場所が増加

10月15日号

分散、密回避で開催へ

生麦de事件まつり

分散、密回避で開催へ 社会

工夫重ね、60店が参加

10月15日号

コロナ禍の避難所体験

コロナ禍の避難所体験 コミュニティ社会

平安小で開設訓練

10月8日号

防犯栄誉金章を受賞

市場大和町安西さん

防犯栄誉金章を受賞 社会

指導員活動24年で

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク