鶴見区版 掲載号:2016年1月14日号 エリアトップへ

サルビアホールの区民企画委員として「オペラde歌声喫茶」を実施する 鶴田 信幸さん 下末吉在住 65歳

掲載号:2016年1月14日号

  • LINE
  • hatena

出会い求め街へ飛び出す

 ○…自身が中心となって企画した「オペラde歌声喫茶」がいよいよ2月に本番を迎える。「こんなコンサートは今までなかっただろう」と自己も評価する自信作だ。半年近く前から準備を進め、「常に企画のことを考えていた」とこれまでを振り返る。海外でも活躍する多忙な歌手との調整など、スムーズにいかないこともあったが、「企画すること、皆をまとめ、協力することはやりがいがある」と、日々の充実感を語る。

 ○…福岡県出身。学生時代は工学部で機械工学などを学んだ。当時を思い出すと「勉強はあまりしてない」と苦笑い。少林寺拳法に熱中したり、ヨーロッパを周遊するバックパッカーに挑戦するなど、活発な青年時代を送った。卒業後は機械設計や海外プラント建設などの仕事に携わり、世界各国飛び回っていた時期もある。区民企画委員に参加したのは、定年を目前に控えた5年前。「現役時代は地元とのつながりが何もなかったので、地域活動に参加したかった」。今回の歌声喫茶を始め、コーラスグループを集めた合同発表会を立ち上げるなど、精力的に活動を続けてきた。

 ○…鶴見に住んで35年。定年を迎えた後も、週3回は勤務、それ以外は地域のサークル活動と、予定はびっしり。所属するサークルは社交ダンスや太極拳、デジカメ愛好会など10団体にも上る。地区センターなどへも足を運び、地元情報をチェックするなど、フットワークも軽い。「人付き合いは、悩みを忘れさせてくれる。閉じこもりがちな人も、人に会うことを大事にして」と投げかける。

 ○…サルビアホールの開館以来続いてきた区民企画委員の活動は、2016年度は一旦休止する予定だが、継続してホールに関わっていきたいという。「委員の仲間と共同でイベントが企画できれば。愛着を持っている場所をこれからも盛り上げていきたい」。地域に新たな出会いを求め、自ら踏み出していく。

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。鶴見区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

江ケ崎町在住 27歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

渋谷 治雄さん

4月から鶴見区長に就任した

渋谷 治雄さん

横浜市内在住 56歳

4月28日号

鈴木 真治さん

ムエタイのスーパーライト級で初の日本王座を獲得した

鈴木 真治さん

小野町在勤 36歳

4月14日号

片山 真さん

鶴見警察署の署長に就任した

片山 真さん

区内在住 59歳

4月7日号

勝呂 ちひろさん

(一社)Omoshiroの代表理事を務める

勝呂 ちひろさん

本町通在勤 40歳

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook