鶴見区版 掲載号:2016年1月21日号 エリアトップへ

市水道局 備蓄飲料水が配送無料に 災害対策、3月21日まで

社会

掲載号:2016年1月21日号

  • LINE
  • hatena
給水リュック(左)と水缶
給水リュック(左)と水缶

 横浜市水道局が災害に備える飲料水の備蓄促進キャンペーンを実施している。

 同局は身近な災害対策とされる自助力の強化として、災害時に必要な3日分の飲料水「一人最低9リットルの備蓄」を訴えている。阪神・淡路大震災が起きた1月から東日本大震災が発生した3月までを災害対策強化期間に位置付け、より多くの住民に水の備蓄を呼びかけようと企画された。

 期間中は7年間保存できる災害用備蓄飲料水として同局が販売する「横浜水缶」1箱(500ミリリットル×24本、1800円)の配送料が市内で無料になる。また、給水リュックが3箱購入ごとに進呈される。

 キャンペーンは3月21日注文分まで。詳細は同局サービスセンター【電話】045・847・6262。

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

所属委員会決まる

横浜市会

所属委員会決まる 政治

任期1年 議案など審議

5月19日号

仲通で田植え体験

仲通で田植え体験 社会

盛り上げ隊が子ども向けに

5月19日号

活動報告をデジタル化

市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

横浜大空襲から平和学ぶ

横浜大空襲から平和学ぶ 社会

関内ホールで戦争展

5月19日号

幸福実現党から壹岐氏

参院選神奈川選挙区

幸福実現党から壹岐氏 政治

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook