鶴見区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

(PR)

かかりつけ医ふれ鶴 食べる喜びは取り戻せる 専門チームで摂食嚥下治療

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena
嚥下造影検査の様子
嚥下造影検査の様子

 「最近食事中によくむせる」「やわらかい食べ物ばかり好むようになった」―。自分自身や周囲の家族にそんな症状が見られることはないだろうか。口に入れたものを咀嚼して飲み込むまでに何らかの障害が見られる場合、摂食嚥下障害の可能性がある。摂食障害は、誤嚥による肺炎(誤嚥性肺炎)や窒息などにつながる危険もある。

 「嚥下障害の原因や障害の程度は様々。それぞれに応じた適切な処置が重要」と話すのは「ふれ鶴」の愛称で親しまれている「ふれあい鶴見ホスピタル」。同院では、医師、看護師、管理栄養士、言語聴覚士などの摂食嚥下障害医療の専門チームが治療。口腔ケアや食事指導などを行うほか、口腔内や咽頭部を動画で確認できる嚥下造影検査用の機器も備える。

 「『食べる』行為は、生活にとって不可欠。生涯にわたり自分の口で飲食できる状態を回復させたい」とスタッフは話している。

ふれあい鶴見ホスピタル

横浜市鶴見区東寺尾4-4-22

TEL:045-586-1717

http://www.fureai-g.or.jp/tsu/

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

ブロック塀の安全を確認しましょう

横浜市

ブロック塀の安全を確認しましょう

併せて意見募集にもご協力ください

1月20日号

出張買取で1万円進呈中!

おたからや

出張買取で1万円進呈中!

「出張査定は無料です」

1月20日号

出張買取で1万円進呈中!

おたからや

出張買取で1万円進呈中!

「出張査定は無料です」

1月13日号

後々の費用、一切なし4万円〜

納骨でお困りの方に「眞宗寺」の永代供養墓

後々の費用、一切なし4万円〜

生前申込み、改葬代行も可、期限付き「レンタル墓」も新たな選択肢に

1月13日号

解体・新築の補助、継続へ

横浜市

解体・新築の補助、継続へ

燃えにくいまちへ 最大300万円

1月13日号

ネズミ被害が増加中!?

ネズミ被害が増加中!?

ダスキン東寺尾 無料点検実施中

1月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook