鶴見区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

潮田西部 4年無火災で市長表彰 鶴見区初の快挙達成

社会

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena
表彰された中村会長(左から2人目)と杉浦会長(同4人目)
表彰された中村会長(左から2人目)と杉浦会長(同4人目)

 潮田西部地区自治連合会(中村壽晴会長/約1300世帯)が4年間連続無火災を達成したことを受け、1月19日、市長表彰を受けた。市長表彰は1992年からの統計で、市内でも22件のみとなり、区内では初めて。

 横浜市における連続無火災表彰基準は、世帯数ごとに達成期間を設定。同会が該当する5千世帯未満では、2年間で「市民防災の日」推進委員長表彰、その後1年経過ごとに消防局長、横浜市長と続く。

 同会は2011年12月23日から無火災を継続中(1月24日現在)。過去には09年から11年までの3年間にも達成しており、鶴見署は「高いレベルでの防火意識を持ってもらっている成果。他地区にも無火災が広がれば」と話す。

身近な心がけ

 防火対策に特化した定期的なパトロールなどは行っていないという潮田西部地区。中村会長によると、「日ごろから放火されないまちづくりを心がけている」という。

 同会では、犯罪防止や更生理解などを推進する「社会を明るくする運動」の一環で、入船消防出張所に講師を依頼。放火をテーマに講演会を開くなど、意識向上を図っている。

 中村会長は、「古いまちだから、知らない人が来るとすぐわかるという側面もある」と分析。空き家対策や不法投棄のゴミをすぐ片づけるなど、身近なことから気をつけているとし、「無火災が続くにつれ、年々意識も高まっていった。みんなでやった結果。今後も続けたい」と話した。

 また、表彰当日は、生麦第二地区連合会(杉浦節子会長/約1万世帯)も半年無火災を達成し、基準により、「市民防災の日」推進委員長表彰を受賞した。

放火減で区全体減少

 昨年1年間の市内火災概況(速報)がこのほどまとまり、鶴見区は69件で、前年からマイナス45件だった。鶴見消防署は、直接的な要因は不明としながらも、「住民の皆さんの心がけのおかげ」と説明している。

 同署によると、区内では、中でも放火が昨年の39件から15件減少し、大幅なマイナスにつながった。一方で、発生件数は市内18区中、中区と同件数で最下位となっている。

 同署は、「署としても常日頃から声をかけているが、区民一人ひとりの意識が重要になる」と協力を呼びかけた。

鶴見区版のトップニュース最新6

市内2番目の多さ

鶴見区内火災件数

市内2番目の多さ 社会

昨年速報値、「冬本番で警戒」

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

南関東へ初出場

鶴見タグラグビー

南関東へ初出場 スポーツ

全国かけ一丸

1月6日号

創意工夫でつながり新たに

区長インタビュー

創意工夫でつながり新たに 社会

ICT活用などコロナ後見すえ

1月6日号

「第6波の備え進める」

山中市長インタビュー

「第6波の備え進める」 政治

感染症・経済対策強化へ

1月1日号

「ちむどんどん」する一年に

「ちむどんどん」する一年に 社会

朝ドラで盛り上げへ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook