鶴見区版 掲載号:2016年2月11日号 エリアトップへ

新たな学び舎どんなとこ? 鶴小児童 増築部分を見学

教育

掲載号:2016年2月11日号

  • LINE
  • hatena
建設中の内部を見学する児童
建設中の内部を見学する児童

松尾工務店が協力

 児童数の増加から増築工事の進む鶴見小学校(益田正子校長/全校児童数644人)で2月2日、整備を行う(株)松尾工務店=本社・鶴見中央=の協力のもと、同校5・6年生の児童約200人が建設中の校舎を見学した。

 鶴見小は、付近に大型マンションが建ったことなどから、ここ数年で児童が急増しており、今後最大で900人ほどまで増えると予想されている。そうした中、これまでのプレハブ校舎に代わり、昨年4月から校舎建設を開始。この3月末の完成を目ざして工事が進められている。

キャリア教育として

 見学は、働く人たちから職業観などを学ぶキャリア教育の一環として、市が同社に協力を依頼。児童は、同社社員の説明を受けながら、3階建てとなる増築校舎の内部を見て回った。

 内部が見える部分から完成間近な箇所まで、工程がわかるタイミングだったこともあり、児童は興味津々。「一教室作るのにどれくらいかかる?」「何人くらい働いている?」などと、矢継ぎ早に質問が上がっていた。

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場 ICT化へ一歩

5月7日号

10年目は歴代が集合

10年目は歴代が集合 社会

横浜スカーフ大使、24人に

5月7日号

鯉のぼり 天高く

鯉のぼり 天高く 文化

横溝屋敷に70流

5月7日号

電子決済で商店街支援

電子決済で商店街支援 経済

みずほ銀、市と協定

5月7日号

個性溢れる書、楽しむ

個性溢れる書、楽しむ 文化

鶴見書人会が展示

5月7日号

区内奉仕団体 こども食堂支援

区内奉仕団体 こども食堂支援 社会

地元産のタケノコ 有効活用

5月7日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仲通りでマルシェ

連休中2企画

仲通りでマルシェ

4月29日~5月9日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter