鶴見区版 掲載号:2016年2月11日号 エリアトップへ

区民ら6人 人命救助などで感謝状 迅速な行動に栄誉

社会

掲載号:2016年2月11日号

  • LINE
  • hatena
消火活動にあたった湯浅さん(写真上・右から2人目)、森本さん(中央)、水野さん(同3人目)と、水難救助に尽力した森さん(写真下・右)、木村さん(同中央)、加藤さん
消火活動にあたった湯浅さん(写真上・右から2人目)、森本さん(中央)、水野さん(同3人目)と、水難救助に尽力した森さん(写真下・右)、木村さん(同中央)、加藤さん

 鶴見川に落下した男性の水難救助と、矢向で発生したアパートの火災現場での消火活動に尽力したとして、両事案に携わった区民ら6人に対し、1月27日と2月5日、鶴見消防署からそれぞれ感謝状が贈られた。

的確な初期消火

 矢向4丁目のアパートで火災が起きたのは、昨年11月1日。自宅2階にいた水野徳子さんが、「火事」という声に反応し外に出ると、隣のアパート2階から火の手が上がっていた。水野さんの助けを呼ぶ声に、森本早苗さん、湯浅富栄さんら周辺にいた数人が応え、森本さんが119番通報。湯浅さんは、自宅マンションの消火器を手に取り、初期消火にあたった。

 鶴見消防署によると、初期消火で火は消えていたといい、「あと5分遅かったら危なかった」と話した。

釣りバケツのロープで救う

 鶴見川での救出劇は、12月1日、区役所そばの潮鶴橋付近で起こった。

 同日午後2時57分ごろ、釣りをしていた木村洋一さん(旭区在住)と森正博さん(旭区在住)が、川に転落した男性を発見。2人は通報するとともに、周囲に協力を要請。加藤安治さん(区内在住)が加わり、救助活動を行った。釣りで使うバケツ用のロープなどを使い、消防隊員らの到着前に救助に成功したという。

 同署は「発見・通報・救助の一連の行動が迅速かつ適切だった」と感謝した。

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

1日乗車券がICに

市営地下鉄

1日乗車券がICに 社会

紙は5月末で販売終了

5月13日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

5月13日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で40人増

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

横浜の魅力、動画で紹介

横浜の魅力、動画で紹介 文化

ユーチューブ等で配信

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter