鶴見区版 掲載号:2016年2月11日号 エリアトップへ

市政報告 新たな市場小の新設校について 安心して子育てができるよう誰もが納得できる結論を 日本共産党 横浜市会議員 古谷 やすひこ

掲載号:2016年2月11日号

  • LINE
  • hatena

6年後には1800人超という衝撃の予測 

 市場小学校の学区内の人口が急増しています。それを受けて新たな新設校がつくられることが教育委員会から発表されました。

 現在市場小学校は、25学級で832人の児童が在籍しています。ところが今後の児童数の推移予測を見ると、6年後にはなんと1800人の児童数で50学級の編成になるとの予測。こんな学校はありません。そこで新設小学校をつくり学区を分けるとのこと。

 しかし、新設校の予定地は、下水道用地のためそのまま使い続けることはできず、10年限定で借りて、その後更地にして返さなければならないという土地。さらにそれ以降は、必要性があればまた新たに考えるというのが、横浜市教育委員会の説明です。昨年末に、住民説明会で明らかにされました。

「しょうがないかもしれないけど…」

 その住民説明会の中ではたくさんの意見が噴出。いろんな不安の声が多数挙がっていました。「スクールゾーンの整備をしてもらわないと不安です」「10年で母校がなくなるという子どもたちの心情はどうするのか」「学童はどうするのか」「これから入学する人の意見も取り入れるような仕組みをつくってほしい」など。

 中でも、親の代から市場小に通っていて、自分の子どもが市場小に通えないという学区割を見て「しょうがないかもしれないけど、やりきれない」と言っているのは印象的でした。

 また、小学校の子どもたちの登下校の安全を確保するには、地域の協力が欠かせない中、「町内会を分断するような学区割になっているのはまずいのではないか」との声もありました。

誰もが納得できる最善の方法を!

 現在すでに、第一回開設準備委員会が開会され、その内容は近々ニュースなども発行され広報されていくとのこと。この地で住み続けている人も、また新たに転入してきた人も、この町で子育てをしてよかったと思えるような街づくりをしてもらいたい。

 また、この間保護者から出された心配の声に真摯に耳を傾け誰もが納得できる結論を教育委員会は本気になって目指してもらいたいと思います。

 それにしても、総事業費40億円(※公表されている公共事業事前評価調書による)もの巨額の税金を使って、整備される新設の小学校が、10年たったら建てた校舎を壊して更地に返すというのは、あまりにももったいない!率直にそう思います。

 私も地域の方から寄せられた声を教育委員会に届けながら、子どもたちにとって最善の方法を一緒に考えていきたいと思います。

古谷やすひこ

横浜市鶴見区矢向1-20-50

TEL:045-504-5121

http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

地域の問題”hot(ほっと)”かない 市政報告

新鶴見橋-末吉橋間の人道橋着工へ

横浜市会議員 自民党 わたなべ忠則

5月7日号

地道に地域課題を解決

市政報告太'sレポート 115

地道に地域課題を解決

横浜市会議員 公明党 尾崎太

4月29日号

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

県政報告ひでしの「実績で勝負」58

三ツ池公園の充実第一弾健康遊具が実現

公明党 鈴木 ひでし

4月22日号

一緒に食べ学ぶ、中学校給食

育ちざかりの子どもたちを応援 市政報告みちよレポ【10】

一緒に食べ学ぶ、中学校給食

横浜市会議員(自民党)東みちよ

4月15日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

責任ある言動で課題解決を

市政報告太'sレポート 114

責任ある言動で課題解決を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

3月25日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter