鶴見区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

区来年度自主企画 36事業を展開 新規は都市マス計画改定

社会

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市が先ごろ発表した2016年度予算案にともない、鶴見区の来年度自主企画事業案の概要も明らかになった。事業数は今年度から一つ増え36事業。全体としては今年度分の継続をベースに、災害、防犯、福祉関係などで新たな取組を盛り込む。区の16年度総事業費は1億855万8千円で、前年比205万3千円増。

区民視点で新たな取組も

 今年度の区政運営方針「笑顔と元気の輪が広がるまち『つるみ』を目指して」を引き継ぎ、予算体系も「安心」のまちづくり(2998万8千円)、「ぬくもり」のあるまちづくり(4822万9千円)、「活力」のあるまちづくり(3034万1千円)の3体系を軸に編成した。編成にあたっては、区民視点で既存事業の見直しを徹底したとして、各事業の中で、11の取組を新たに開始する。

02年以来の見直し

 唯一の新規事業となるのは、「都市計画マスタープラン・鶴見区プラン改定事業」。都市マスプランは、都市計画法に定められている「市町村の都市計画に関する基本的な方針」で、市は全市版を00年に策定後、13年に改定している。

 区プラン改定は全市プラン改定を受けたもので、02年の完成以来初めて。来年度は、おおむね20年後を見据えた方針の検討、区民意見を募った上での素案作成が行われる予定だ。

 また、区は再来年度に区制90周年を迎えることから、来年度をプレ期間と位置付けており、「具体的な中身はこれからになるが、機運を高めるイベントなどを検討中」としている。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク