鶴見区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

ウィル(株)が市長表敬訪問 グッドデザイン大賞報告

社会

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena
パーソナルモビリティを試乗する林市長
パーソナルモビリティを試乗する林市長

 末広町のWHILL(株)が2月9日、林文子横浜市長を表敬訪問した。同社は、開発した移動機器「パーソナルモビリティ WHILL ModelA」で2015年度グッドデザイン賞の最高賞を受賞。市長へ受賞を報告し、祝福を受けた。試乗した林市長は、「デザインが良く使いやすい」と称賛を送った。

 同社は、12年に設立した従業員30人のベンチャー企業。14年から末広町の横浜市産学共同研究センターに拠点を置いている。

 受賞したパーソナルモビリティは、一人乗りの4輪駆動。最高速度は6Kmで、7・5cmまでの段差を乗り越えることができる。これまでに日米で500台を販売してきた。

車イスの課題克服

 開発は、100m先のコンビニへ行くのでさえも困難が伴う車イス利用者の声から始まった。「従来の車イスはちょっとした段差でもがたつく。車イスで移動することに『心理的なバリア』を感じる人も多い」と同社は指摘する。

 こうした課題を克服するため、高いデザイン性と安定感を追及。乗り物としての楽しさを生み出した点がグッドデザイン賞でも評価された。「車イスの利用者をはじめ、シニアカーのユーザー、歩行困難者などにも使ってもらえたら。シェアリングサービスなどを実施し広めていきたい」と同社は期待を寄せている。

 同社の製品は、全国で販売されているほか介護保険制度を利用したレンタル実績もあるという。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

三ツ池フェス中止に

三ツ池フェス中止に 社会

実行委 コロナ受け苦渋の決断

4月9日号

横浜「丼」王へ55品

横浜「丼」王へ55品 社会

商店街「ガチ」 区内うまかべん参戦

4月9日号

未来へ手紙 希望に

未来へ手紙 希望に 社会

ベルロードがポスト

4月9日号

市民施設休館5月6日に延長

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク