鶴見区版 掲載号:2016年3月17日号 エリアトップへ

区災対本部 情報一元管理に課題 職員がブラインド訓練

社会

掲載号:2016年3月17日号

  • LINE
  • hatena
道路状況を地図に落とし込む職員
道路状況を地図に落とし込む職員

 「響橋が落橋、国道1号線が通行不可」――東日本大震災の発生から丸5年となった3月11日、市内で震度5以上の地震が発生した際、区役所に設置される鶴見区災害対策本部の訓練が行われた。

 災対本部は、区長を本部長とし、本部を運営する庶務班、区内や庁舎内の情報収集と伝達にあたる情報班など、役割ごとに14班が置かれ、職員が対応するもの。

 訓練は、参加者に被害想定などを伏せるブラインド形式で実施。より実践的な行動確認と課題抽出などを目的に、一昨年9月から同形式を取り入れている。

 当日は、全14班から職員70人が参加。「大規模火災」「列車事故」「帰宅困難者」など、時間を追うごとに想定を変化させ、情報の集約や伝達、指示といった動きを訓練した。

 また今回は、東京ガスや東京電力など5機関とも協力。実際に情報のやり取りもあった。

反省、課題積み重ね向上

 病院の空き状況の情報を集め、重症患者の搬送指示を避難所などに出す場合、どの道が通れるかといった道路状況も必要になる。

 そこで今回は、情報が錯そうしたこれまでの反省も踏まえ、各班を区役所6階に集約。「前回よりも良くなった」という声があった一方、「紙の処理に追われ、地図に落とし込めなくなった」などと、一元管理の方法に課題を呈する意見もあがった。

 征矢雅和区長は「指示を出すまでが本部の役目。情報を一カ所にまとめる必要がある」とコメント。また、本部が設置される6階に、非常用電源が少ないことを懸念し、増設を検討していく考えも示した。

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

所属委員会決まる

横浜市会

所属委員会決まる 政治

任期1年 議案など審議

5月19日号

仲通で田植え体験

仲通で田植え体験 社会

盛り上げ隊が子ども向けに

5月19日号

活動報告をデジタル化

市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

横浜大空襲から平和学ぶ

横浜大空襲から平和学ぶ 社会

関内ホールで戦争展

5月19日号

幸福実現党から壹岐氏

参院選神奈川選挙区

幸福実現党から壹岐氏 政治

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook