鶴見区版 掲載号:2016年3月17日号 エリアトップへ

地元の文化芸能復活へ向けプロジェクトを立ち上げた 原 誠一さん 馬場在住 78歳

掲載号:2016年3月17日号

  • LINE
  • hatena

恐れず「やりたい」を実現

 ○…生まれ育った地元に文化芸能がない。そんな思いから、地域住民とともに復活プロジェクトを立ち上げた。3月24日には、旗揚げ公演の幕が上がる。子供の頃から祭りなどで活気に沸いた町を見つめてきただけに、地域を元気づけたいという思いは強い。「地元の神明社は昔は参道を埋め尽くすほどの人が来た。近いうちに奉賛会を作って、神輿や獅子舞を出し盛り上げていきたい」と夢を語る。

 ○…4人きょうだいの長男として馬場に生まれる。戦後間もなかった幼少期、父は農業と日雇い労働を掛け持ちし、家計を支えた。「小学1年で駅前へ餅売りに出かけたこともある。子どもたちの教育費もままならないほど家は貧しかった」。家庭の困窮から母を園長として開かれたのが、やよいヶ丘保育園。のちに幼稚園となり、自身が現在まで園長を務める。今では約200人の園児が通園し、この2月には創立65周年式典を終えた。園では自ら詩吟や空手などを子どもたちに指導。「園児と汗をかいて動くのが健康の秘訣」と充実ぶりを語る。

 ○…園の運営だけでなく、地元の消防団やPTA活動、民生委員なども務めあげてきた。園のそばにある第一みゆき商店会がにぎわうようにと、八百屋や陶芸教室などを開き、地域住民の交流の場作りにも貢献している。自前のカラオケボックスを持つほど、歌うことが好き。日本酒もたしなみ、「祭りで神輿を担いでいたときは、一升瓶が友だったね」と笑う。

 ○…80歳を目の前にしてもなお、「まだまだやりたいことはいっぱいある」と言い切る。この4月には15年来の念願というソフトボールチームも立ち上げる。その原動力は、「やりたいと思ったらやり遂げたい。いろいろなことに興味を持って、広く長く続けていきたい」というエネルギー。そして、チャレンジするなら「失敗は恐れない」。残りの人生もあふれる夢に正直に、生きていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

間瀬 なのはさん

パリ五輪ブレイキン強化指定選手に選出された

間瀬 なのはさん

岸谷在住 15歳

5月26日号

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。鶴見区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

江ケ崎町在住 27歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

渋谷 治雄さん

4月から鶴見区長に就任した

渋谷 治雄さん

横浜市内在住 56歳

4月28日号

鈴木 真治さん

ムエタイのスーパーライト級で初の日本王座を獲得した

鈴木 真治さん

小野町在勤 36歳

4月14日号

片山 真さん

鶴見警察署の署長に就任した

片山 真さん

区内在住 59歳

4月7日号

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook