鶴見区版 掲載号:2016年3月24日号 エリアトップへ

市政報告 鶴見区民の皆さんの「困り事」は市政改善のヒントに 日本共産党 横浜市会議員 古谷 やすひこ

掲載号:2016年3月24日号

  • LINE
  • hatena

 私は、横浜市会議員として区民の皆さんに送り出していただいて5年になります。市民の困り事に対しては、本来は行政が相談を受けるべきだと思っていますが、実際は、私のところにもたくさんの相談ごとが日々寄せられます。

お隣と境界線でトラブル

 「お隣の家と境界線でもめてるんです!」。こういう相談は結構あります。お隣とのことですから、あまりおおごとにしてもいけませんので円満解決を探りながら対応をしていきます。さらに個人の境界線の問題は専門家の土地家屋調査士とも連携しながら解決していきます。

「子どもが暴れるんです」

 「子どもが精神に障害を持っていて家で暴れるんです」と、夜に飛び込みで電話が入ったケースもありました。しかしよく聞くと、急迫性はないようなので、すぐに、しかるべき行政機関に連絡を入れ、翌日に訪問。かかりつけの病院への相談と在宅での相談先である生活支援センターへ同行。今後の対応策を一緒に探っていきました。

傾いた学童を調査

 「ウチの学童で借りている所、傾いてるんですけど、一度見に来てもらえませんか?」と、区内のとある学童さんから依頼。せっかくなので市の担当課長にも同行してもらい、困っている現場の様子を市にも見てもらいました。結果的には、補助制度の活用をすることができ、この学童の移転で問題は解決となりました。

地下水脈が変わった

 「ウチの庭に数年前から水が流れているんですけど!」との相談。早速現場に行くと、確かに擁壁の合間から水が流れています。

 現場の動画を撮って市の水道局と建築局へ。建築局の課長は「相当な勢いですね」とびっくりした様子。水道局は付近の家の漏水を確認、また水の成分検査をして水道由来でないことを確認。建築局は、付近のマンションなどの雨水施設が適切に管理できているのかを確認。結果この水は、マンション建設などで地下水脈が変わったことで発生したのでないかと推測。結局水道局のアドバイスを受けご自身で対応することに。

もっと困っている市民に行政は寄り添うべき

 ここにあげたのはほんの一例です。保険料の滞納や生活保護受給、介護、転院先の相談などは、毎月多いケースです。本来は市が前面に立って対応すべき問題です。市会議員はそれを仲立ちして行政に働きかけ、場合によっては議会で取り上げ改善を求めることもあります。市民目線の市政運営につながるよう取り組みます。連絡は【メール】contact@furuya-yasuhiko.com、事務所【電話】045・504・5121へ。お待ちしています。
 

古谷やすひこ

横浜市鶴見区矢向1-20-50

TEL:045-504-5121

http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

新成人の飛躍に期待込めて

市政報告太'sレポート 122

新成人の飛躍に期待込めて

横浜市会議員 公明党 尾崎太

1月27日号

未来のために、人への投資を

県政レポートNo.7

未来のために、人への投資を

神奈川県議会議員 ためや 義隆

1月13日号

ロボットの社会実装提言の新事業が形に

県政報告ひでしの「実績で勝負」64

ロボットの社会実装提言の新事業が形に

公明党 鈴木 ひでし

1月6日号

覚悟を持ち、希望を取り戻す

令和3年の振り返りと今後の取り組み 市政報告みちよレポ【14】

覚悟を持ち、希望を取り戻す

横浜市会議員(自民党)東みちよ

1月1日号

万全の体制で3回目接種を

市政報告太'sレポート 121

万全の体制で3回目接種を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

1月1日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook