鶴見区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

生麦第二地区 「健康」テーマに地図 利用促進にコースも

社会

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
製作した住民ら
製作した住民ら

 生麦第二地区を中心に、ウォーキングコースや、各町会による体操教室といった健康関連事業をまとめた「生麦第二地区健康づくりマップ」がこのほど完成した。同地区内の地域住民らからなる実行委員会が製作。メンバーは「色々な場面で利用してもらい、地域の交流が深まれば」と話す。

 マップは昨年に続き2種類目。4年前、住みよい福祉のまちづくりを目ざす区の地域福祉保健計画「鶴見・あいねっと」の話し合いの中から生まれた企画だ。同地区自治連合会の地域住民らに加え、東寺尾地域ケアプラザなど10団体約30人が、生麦第二地区地域のつながり実行委員会を立ち上げ、製作にあたってきた。

 前回は「魅力マップ」と題し、地区内を生麦、東寺尾、岸谷の3エリアにわけ、名所や花見、富士見スポットなどを盛り込んだものを作成。今回は、来年度からスタートする第3期あいねっとの中で、新たに「健やかに暮らせる地域づくり」というテーマが設けられたことから、「健康づくり」に主眼を置いて企画した。実行委員会で会議を重ねながら、一から作り変えたという。

記録紙も製作

 サイズはA2版で、表面には全体地図を配置。住んでいるところによっては地区外も対象となるとして、總持寺方面や隣接する神奈川区付近も入れ込んだ。さらに各町会が企画している体操や介護予防教室、カラオケといった事業の情報も掲載。裏面には、おすすめコースとして、目的別に楽しめる8ルートを設定した。

 また、A4サイズほどの記録紙も別に製作。利用者が自分用コースの作成や、歩いた日付から楽しかったことなどを記載する欄も設け、継続的に利用できる工夫を凝らした。

 実行委員会の代表を務める青木義雄さんは「まちがつながることが目的。歩くことで地域を知って交流できれば」と話した。

 1万5千部が刷られ、各世帯に配布されるほか、区役所や東寺尾地域ケアプラザなどでも配られる。

鶴見区版のトップニュース最新6

市内2番目の多さ

鶴見区内火災件数

市内2番目の多さ 社会

昨年速報値、「冬本番で警戒」

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

南関東へ初出場

鶴見タグラグビー

南関東へ初出場 スポーツ

全国かけ一丸

1月6日号

創意工夫でつながり新たに

区長インタビュー

創意工夫でつながり新たに 社会

ICT活用などコロナ後見すえ

1月6日号

「第6波の備え進める」

山中市長インタビュー

「第6波の備え進める」 政治

感染症・経済対策強化へ

1月1日号

「ちむどんどん」する一年に

「ちむどんどん」する一年に 社会

朝ドラで盛り上げへ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook